ネオベッツVRセンター(MRI・CT完備)|大阪の動物病院
HOME>BLOG

BLOG

手術用顕微鏡の紹介                                              2015.2.9
    昨年末にVRセンターに導入した手術用顕微鏡を
    紹介します


          
      主に、神経外科の手術で使用します。
      脳腫瘍、脊髄腫瘍や椎間板ヘルニア
      その他マイクロサージェリーに使用します。


          ドイツ ライカ社の顕微鏡M525F50です。


重量300kgとドッシリとしていますが、デザインはシャープ

   細マッチョな王寺先生と比べてみました
  
と見た目はさることながら、かなり機能性に優れています


顕微鏡から見える術部はこちらの機械で録画され
顕微鏡に取り付けらているモニターに映し出されます


モニターで映し出されている画像はとても鮮明です
あまりにも鮮明な画像なので、手術中の写真はモザイクをかけています。

先生が見ている術部を、モニターを通じて他のスタッフも
見ることができる為、手術をしている先生の手元がよく分かり
動物看護師もスムーズなサポートを行うことができます


     先生が覗いている顕微鏡はこちら
      
    
   裸眼に比べ最大16倍で術部を見ることができます
   また、顕微鏡の角度を手元の容易な操作で
   微調整が可能な為、術部を様々な角度から
   瞬時に確認することができます。
 

   手術中、様々な動きがスムーズに行えるようになったことで
   手術時間が短縮され、患者さんの負担も軽減されるように
   なりました

   毎月約120件の手術を行っているVRセンターにとって
   頼もしい機器が導入されました
投稿者 株式会社ネオベッツ (2015年2月 9日 09:12) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :