ネオベッツVRセンター(MRI・CT完備)|大阪の動物病院
HOME>BLOG

BLOG

病気のお話シリーズ vol.1 "白内障について"                             2015.3.29
今回からスタートしたブログ新企画
月1回の予定で先生たちが病気について
ブログを書くことになりました

第1回目は、眼科の小山先生担当で『白内障のお話』です

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

皆さん、白内障は知っていますよね。そう、眼が白くなる病気です。
具体的には水晶体というレンズの役割をしている部分が白くなる
ことを言うのですが、



意外と分かっていただけていないことが多いと思います。
白くなると言っても、瞳の中が真っ白っていう状態から、
部分的(点々や線状など)に白くなるものまで様々です。


            進行した白内障


          初期の白内障

眼が白くなるのはかなり進んだ状態で、瞳の色が左右で違う、
などから気づかれる方もいらっしゃいます。
また白内障=お年寄りの病気、と思われている方も多いと
思いますが、わんちゃんの場合、以外と若い犬に多いのです。

老齢の犬にも白内障はありますが、老齢になって水晶体が
固くなる(核硬化症と言います)状態でも眼は白く見え、
それを白内障と思われている方もいらっしゃいます。
この状態は白内障ではなく、私たちで言うところの老眼なのです。

白内障になると白さの程度によって、見えにくくなります。
ボール遊びのボールが探せない、歩き方がゆっくりになる、
においを嗅ぎながら歩く、壁に当たたる・・・・などの症状が
出てきます。


     これは白内障ではありません
       核硬化症です

ただし進んだ白内障があっても、片眼の場合なら、そのような
症状はほとんど見られません。前述した核硬化症の場合でも、
見えなくなることはまれです。

白内障を放置すればどうなるのでしょうか?白内障だけでは、
痛いことはありません。たとえ見えにくくなったとしても、元気や
食欲は変らず、ましてや片眼の場合はいつもと同じように
暮らすことができるでしょう。
でもそのまま放置すると、そのうちのいくつかは白内障のために
別の眼の病気になることもあるのです。
      

進行しすぎて水晶体が解けてなくなってしまうこともあります。


白内障によって炎症がおきてしまった状態


      水晶体が解けた状態

そうならないためにも、おうちのわんちゃんの眼に異常を
感じたら、動物病院に相談してください。

白内障の治療には人と同じように白くなった水晶体を
取り除き、人工の水晶体を入れる手術
(水晶体乳化吸引術+人工レンズ挿入術)が行われます。


 手術後の人工レンズが入った状態

原則は同じでも、人と動物では全く一緒というわけにはいきません。
人では日帰り手術なども多く簡単な手術になってきていますが、
動物の場合は全身麻酔が必要であったり、患者さん(動物)の
代わりに飼い主さんが点眼を行ったり、安静を保ったりしなければ
なりません。
手術後は結構大変な管理が要求されます。

でも手術がうまく行けば、以前のような視覚を取り戻すことができます。
白内障手術をして、『以前のように見えるようになりました』と
よろこんでもらえると、獣医冥利につきます。
少しでも視覚が取り戻せるわんちゃんが増えますようにと
日々の仕事に取り組んでいます。

    

 

投稿者 株式会社ネオベッツ (2015年3月29日 18:45) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :