ネオベッツVRセンター(MRI・CT完備)|大阪の動物病院
HOME>BLOG

BLOG

病気のお話シリーズ vol.12 "口腔内腫瘍"                                2016.5.2
今回の病気のお話しブログは、腫瘍科の田戸先生から
『口腔内腫瘍』に関するお話です

今回も、あまり目にすることの無い、口の中の
様々な腫瘍の写真があります

----------------------------------------------------------

犬や猫にとって、口は食事や作業をする大事な器官です
しかし、悪性の腫瘍が出来やすい場所にもなります

もし腫瘍が出来た場合は、急速に増大し出血や感染を
起こしやすいので生活の質が大きく損なわれます。

人間は歯に物が挟まっただけでも凄く気持ち悪くなり
異常には気づきやすいのですが、犬は非常に
鈍感なので進行した状態で発見されます


猫は犬よりも口の異常には敏感なのですが、猫の口に出来やすい
扁平上皮癌は、急速に進行するので初期に対応することが難しいです

         扁平上皮癌



犬の口の中に出来やすい代表的な悪性腫瘍としては
悪性黒色腫(メラノーマ)、扁平上皮癌、線維肉腫
代表的なものですが、
それぞれ非常に個性的です。
また出来る場所(上顎、下顎、舌、扁桃)によっても腫瘍の進行は様々です。

               
悪性黒色腫(メラノーマ)

        
          扁平上皮癌

        
           線維肉腫


悪性腫瘍以外に、良性のエプリス(歯肉腫)もありますので
診断は組織を取って調べることが重要です。

  良性のエプリス(歯肉腫)


中でも、悪性黒色腫(メラノーマ)は、小型犬で最もよく見られ
これは急速に増大して壊死と出血を起こし、転移する能力も
持った最も攻撃的な腫瘍です


小さいうちに外科的に対応することが効果的ですが
骨にも浸潤するので、口の骨も含めた切除が
必要となる事が多い腫瘍です。

    下顎を含めメラノーマを切除


       線維肉腫切除前               線維肉腫切除後


出来る場所や範囲によって手術の難しさや術後の様子が
異なりますので、どのようになるのかは実際に診察してみないと
分かりません。

口の中を見るのは大変かと思いますが、チェックしてみて
何か出来物を見つけたら動物
病院に行って検査を受けてください


投稿者 株式会社ネオベッツ (2016年5月 2日 18:09) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :