ネオベッツVRセンター(MRI・CT完備)|大阪の動物病院
HOME>BLOG

BLOG

病気のお話シリーズ vol.13 "胸腰部椎間板ヘルニア"                     2016.10.15

今回の病気のお話ブログは総合診療科の澤木先生から
『胸腰部椎間板ヘルニア』に関するお話です

VRセンターに来院される患者さんの中でも多い病気のひとつです。

 ************
*********************************** 
総合診療科の澤木です。

今回は「椎間板ヘルニア」という病気をご紹介させて頂きます。

【脊髄とは?

  脊髄は、脳からの指令を伝達する最も太い神経です。
   それぞれ脊髄は、
          頚部(けいぶ):首の部分
     胸腰部(きょうようぶ):背中の部分
          腰仙部(ようせんぶ):尾っぽの付け根部分
               の3つの区画に大まかに分けられます。



今回は、「胸腰部」での椎間板ヘルニアの特徴について、お話しようと思います。

【胸腰部椎間板ヘルニア】
  椎間板ヘルニアとは
   背骨の間には、背骨同士の衝撃を吸収する「椎間板」という
       クッションがあります。
       椎間板は、中心にゼリー状の「髄核」、その周囲に「線維輪」
       という2層があります。
        

        イメージは“あんぱん”を想像してみて下さい
        この椎間板が飛び出てしまい、脊髄を圧迫するのが
        椎間板ヘルニアです。

   


  椎間板ヘルニアはなぜ起こるの
       椎間板ヘルニアは好発犬種として
         ミニチュアダックスフンド
         ビーグル
         シーズー
         チワワ
       などが知られています。
       なぜ、これら犬種では椎間板ヘルニアが起こりやすいのでしょう

   
これらの犬種は、「軟骨異栄養性犬種」と呼ばれています。
       本来なら柔らかく、衝撃吸収の役割を担う椎間板が、かなり
       若い年齢で中心部の水分が減り、硬くなってしまう事で
       椎間板ヘルニアが発症しやすくなってしまいます。

  重症度
       胸腰部椎間板ヘルニアは、重症度により5段階に分類されます。
       分類は様々ですが、最も広く使用されている分類方法は以下の通りです。

    

  椎間板ヘルニアの分類
       椎間板ヘルニアは種類により、以下の2つに分類されます。
       ハンセンⅠ型:比較的若い年齢で発生し、急に症状が出ます。
            
        
         ◆ハンセンⅡ型:加齢と共に、厚くなった線維輪で脊髄が圧迫されます。
              
      Ⅱ型は、成犬~高齢犬に多く、症状も、時折みられる痛みや
   後ろ足のふらつきなど、症状も緩慢としており、慢性で徐々に
   進行する経過が多いです。

【診断】
  身体検査、神経学的検査で脊髄障害の原因部位を絞り
  主にMRIを用いて、脊髄の圧迫状況を確認します。

  特に手術方法を決定する上で、MRIで椎間板物質が脊髄を
  「どの様に」圧迫しているかは、治療計画を考える上で、重要な
    要素となります。
  また、MRIで脊髄が「どの程度」ダメージを負っているかも重要です。


【治療】
  外科治療
       脊髄の障害が強くみられる場合や、症状が軽い場合でも
       強い圧迫がみられる場合には、外科治療を選択します。

       当センターでは、
         胸腰部椎間板ヘルニアに対し
         ◎ 片側椎弓切除術
         ◎ 小切開椎弓切除術
        ◎ 部分側方椎体切除術(Partial Lateral Corpectomy)
         という3つの手術を主に
使い分けて対応しています。

      これら手術方法の違いは、別の機会にお話できればと思います。


      保存治療
     脊髄の圧迫が軽い場合は、保存治療を選択します。
       この治療で最も重要なのは徹底した「ケージレスト(運動制限)です。
       痛みがみられる場合には、運動制限に併せて、お薬による痛みの
       緩和などを選択します。


【最後に】
  椎間板ヘルニアでの「痛み」「機能障害」といった症状は、いずれも
     患者さん自身は元より、一緒に生活する御家族のQOL(生活の質)
     関わる病気です。
   生涯を可能な限り快適に過ごして頂く為の、御手伝いが出来ればと
   思っています。

投稿者 株式会社ネオベッツ (2016年10月15日 20:56) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :