ネオベッツVRセンター(MRI・CT完備)|大阪の動物病院
HOME>BLOG

BLOG

VNブログ 【眼科疾患のケア】                                     2016.10.30
今月のVNブログは眼科専任の大里動物看護師から
眼科疾患で入院している患者さんのケアに関するお話です。
***************************************************

こんにちは、動物看護師の大里です。
暑かった夏も過ぎ、肌寒い日が増えてきましたね

私は沖縄出身の為、暑さには強いのですが
過ごしやすく快適な秋も好きな季節です

皆さまはいかがお過ごしでしょうか。
さて、今回は眼科患者さんのケアに関してのお話です

以前は眼科の診察の流れに関してお話しさせて頂きましたが
今回は入院した眼科疾患の患者さんに対し行っているケアを
一部紹介したいと思います。

      写真のモデル犬はサムくんです


眼科疾患の患者さんは主に白内障緑内障角膜潰瘍などを
患い手術を受けるため入院
しています

手術後の眼は繊細で、身震いによる動きやジャンプ、興奮して
鳴く事でも影響を受けやすくなっています。


入院中のお部屋は患者さんの性格にもよりますが、寝床や食器
排泄する適度なスペースを確保し、基本安静を保てるようにしています。

中にはお部屋から出たくて鳴く子もいます
興奮しやすく、お部屋の中で飛び上がる子もいます


その場合は、人の出入りや行き来が目立たない位置にあるお部屋へ
移動したり、お部屋の扉にカーテンを設置するなどし、行動の制限や
興奮の回避を図っています。


また、手術後は眼の保護の為、エリザベスカラーの装着をしています。
万が一エリザベスカラーが外れている間に眼を擦ると縫合した傷口が
開いたり、眼内の炎症が引き起こされたりと問題が起きやすくなるため
適正なサイズの選択と着脱に気を付けています

エリザベスカラーを装着していると食事を食べなくなる患者さんもいるため
その場合は手から食事を促したり、食事中のみエリザベスカラーを外して
促してみるなどしています



入院期間中は点眼薬の投薬があり、2~3種類を14回程度
点眼することもあります
点眼前には眼の症状をチェックし、異常の有無を確認しています

どういうチェックをしているのかというと
まず威嚇瞬き反応の検査視覚の有無を評価します。

片方の眼を手で覆い、もう片方の眼の前に軽く握った手を近付けます。
通常見えている眼の場合は手が近づいてくると眼をつむるので
その反応の有無で判断しています。

動物の場合は人の様に視力は測れないので、視覚の有無を
確認する為に行っています。


必要に応じて、迷路試験などで障害物にぶつからずに歩けるか
どうかのチェックを行うこともあります。


他には角膜混濁(眼の透明性)や眼脂、白目の充血、
羞明(眼のしょぼつき)などを観察
しています。

眼脂が付着している際には濡れたガーゼで眼の清拭
(
拭いて清潔にします)を行います

ゴシゴシ擦ると眼の傷口が開く恐れがあるため、あてがいながら
眼脂を吸い取るようにし、優しく拭き取っています



点眼時は頭を少しだけ上に向けて、怖がらせないように
後方から点眼瓶を近付け、すかさず点眼しています


ごほうびとしてオヤツが効果的な場合は点眼直後に褒めて
ごほうびを使い、トラウマの回避、ストレスの軽減を図っています。


点眼後の瞼の発赤や痒みなどを示す場合は、点眼薬による
刺激性の可能性もあるため、獣医師へ報告しています。


上記以外にも、退院の日を無事迎えられるようにお部屋の
環境整備はもちろん、気持ちのメリハリをつけるため
スキンシップを図り、短時間の散歩にて気分転換を
図るなどの工夫も心掛けています。


このようにして手術を無事終え、元気に退院する姿を
見られた際はなんとも言えず、嬉しいものです

これからも創意工夫しながら、よりよいケアを行えるよう
従事していきたいと思います。


今回写真のモデルになってくれたサムくん、サムくんの
飼い主様、写真のご協力ありが
とうございました




投稿者 株式会社ネオベッツ (2016年10月30日 21:35) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :