ネオベッツVRセンター(MRI・CT完備)|大阪の動物病院
HOME>BLOG

BLOG

病気のお話シリーズ vol.14 "犬の前十字靭帯断裂 パート3"                  2016.12.15
今回の病気のお話しブログは、整形外科の戸次先生から
『犬の前十字靭帯断裂 パート3』に関するお話しです

今迄の“パート1”パート2も文字の上をクリックすると
ご覧いただけます

^。^。^。^。^。^。^。^。^。^。^。^。^。^。^。^。^。^。^。^

ネオベッツVRセンター整形外科の戸次です。
今回の“病気のお話”は、『犬の前十字靭帯断裂 パート3』です。

前回までは、初診時に実施する整形外科的検査(視診、触診)
そしてX線検査(レントゲン)といった無麻酔で実施可能な検査に
ついてお話ししました。


今回は、そこから一歩踏み込んだ麻酔下検査として、関節鏡検査と
CT検査についてお話しします。

(麻酔をかける前には、ホームドクターもしくはVRセンターで
血液検査を行い、麻酔をかけても問題ないかどうかを確認する
必要があります。)


関節鏡検査は、直径1.92.3mmのスコープ(動物の大きさにより選択)を
関節内に挿入し観察するという検査であり、前十字靭帯断裂の仮診断が
下された動物に対して、基本的にルーチンで行っています。

利点
     ・関節内構造部を拡大観察できること
   ・前十字靭帯の変性や部分断裂といった初期病変も把握し
    確定診断が可能なこと
   ・低侵襲で術後の回復が早いこと


欠点
     ・関節外(骨、筋肉、関節包の外側)や膝関節尾側の観察が困難なこと
   ・技術習得まで時間がかかること、高額機器など

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

    ※実際の関節鏡検査の流れを解説していきます

    麻酔をかけた後に股関節から足先までの
      毛刈り及び消毒を行います



      次に手術台に保定し、滅菌ドレープで
        手術部位以外を全て覆います

皮膚からの細菌が手指や器具に付着し、術野が汚染されないよう
プラスチックドレープというラップのようなものを皮膚に貼り付けます。
下の写真、赤点線で囲んでいるところに貼っています。



    排泄ポート、カメラポート、器具ポートを作成し、
      関節内の観察そ
して半月板損傷があれば
      治療を行います


語句説明
   排水ポート
          関節鏡検査中は、関節内には還流液を常に流し関節内を
          洗浄しながら視野の確保を行います。
          その時の汚れた液体を排泄するための部位を表します。

      カメラポート
          術者の目の代わりとなる、小さなカメラを入れる部位を表します。

      器具ポート
          術者の手の代わりとなる器具を入れる部位を表します



       関節鏡所見①
      滑車溝に発生した骨棘(こっきょく)
      (骨の一部が骨端部付近で棘状に突出しています)


    関節鏡所見②
      損傷していない十字靭帯(画面は後十字靭帯)は、
      張りがあり、キラキラと輝いている


    関節鏡所見③
      断裂した前十字靭帯


    関節鏡所見④
      内側半月板をプローブという器具で触知し、
      損傷の有無を
調べている


    関節鏡所見⑤
      内側半月板の後角が損傷し、頭側に逸脱している
      下の写真は、上の写真の損傷箇所を囲っています




    術者、助手、機械出し、外回り、麻酔係が
      各自の役割を行い、短時間で正確な手術を
      実施するよう努めます

関節鏡検査にかかる時間は、動物の大きさや関節内の状態により
変わりますが、おおよそ1035分となります

“検査”と名前は付いていますが、ご覧の通り関節鏡検査は
“手術”であり、通常は、関節鏡検査直後に膝関節を安定化する
手術も同時に実施していきます。
(こちらは、パート4でお話しします)

CT検査は、前十字靭帯断裂の検査として、ルーチンに行っている
検査ではありませんが、整形外科的検査やX線検査で腫瘍を疑う
所見があった場合には、必須検査となります。

特に、腫瘍が多い犬種や前十字靭帯疾患にかかりにくい犬種が、
後肢跛行を主訴に来院し、膝関節に病変があった場合は、
注意が必要です。

なぜなら腫瘍性疾患の治療方法や予後は、単なる前十字靭帯断裂と
全く異なるためです。


  左:レントゲン 右:CT検査で骨断面を観察すると
    骨融解が生じていることがわかる(赤点線で囲んだ領域)


  左:正常な右後肢 
    右:膝関節周囲に腫瘍がはびこっていることがわかる

CT検査の特徴は、X線を用いて構造物を断面状に観察することが
可能なため、関節鏡検査では観察できない、関節周囲組織や
骨断面の観察に適しています。

CT検査で腫瘍であることが分かれば、整形外科から腫瘍科へ
バトンタッチし、
治療を行ないます。

次回パート4では、前十字靭帯断裂に対する治療について
解説していこうと思っております

投稿者 株式会社ネオベッツ (2016年12月15日 18:58) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :