ネオベッツVRセンター(MRI・CT完備)|大阪の動物病院
HOME>BLOG

BLOG

病気のお話シリーズ vol.15 "異所性尿管"                             2017.1.19
今回の病気のお話ブログは、総合診療科の森下先生から
『異所性尿管』に関するお話です

後半、手術中の動画が含まれています

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

総合診療科の森下です。
今回は『異所性尿管』という病気を紹介させていただきます。

異所性尿管とは?
   若い女の子のわんちゃんでよくおもらしをする、
    それはもしかしたら異所性尿管かもしれません。


   比較的「まれ」な病気ではあるものの、雄よりも雌で
    臨床症状を示すものが多い、猫より犬で多いというのは
    知っていただいていてもいいかもしれません。

   ややこしい説明になりますがご説明させていただきますと、

   尿管とは腎臓と膀胱をつなぐ管です。
    尿腎臓で作られ、尿管を通って膀胱まで運ばれます。
    膀胱尿をためておく袋状の構造物であり、
    さらにその袋からペニス、あるいは膣につながる管尿道
    存在します。
    膀胱~尿道の間には括約筋という尿道の周りを囲むような
    筋肉があります。
    この筋肉が尿道を「きゅっ」と締め付けることによりいわゆる
    「おしっこのがまん」ができるのです。

    尿管は本来イラストでお示しした膀胱の後ろのほう(膀胱三角)に
    開口するのですが、膀胱でないところに開口してしまうと、
    尿が持続的に流れでてしまい「お漏らし」という形で人間の目に
    映ることがあります。
    これが異所性尿管で尿失禁がでるメカニズムになります。





飼い主さんから見て気づく兆候
    排尿姿勢をとらない尿失禁をする、という症状で
     気づかれることが多いです。

    元気食欲に問題があることはほとんどありません。

診断・治療
    経過などから本疾患を疑った場合は、尿管の通常と
  異なる位置での開口を見つけることが診断になります。

    尿管はとても細いために当院では造影剤とCT検査を
    組み合わせた排泄性病路造影を行い診断、および
    手術計画を立て、顕微鏡下で正常な場所への尿管
    開口部の移設手術を行っております。


    “左側の壁内性異所性尿管”を診断した際の画像検査です。
     オレンジの矢印が
    膀胱を超えて伸びている解剖学的に異常とされる「異所性尿管」です。

 

              

  当院副センター長、宇根による手術の様子をご覧ください
  「動画」:約2分 下記画像をクリックしてください


最後に
     異所性尿管は致命的な疾患ではないですが、持続的な
   尿失禁の改善にて生活の質の向上が期待できるため、
     持
続的に尿疾患があるなど、気になることがあれば
   一度検査を受けていただき、外科治療の可能性を模索
   させていただけたらと考えております。

投稿者 株式会社ネオベッツ (2017年1月19日 19:19) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :