ネオベッツVRセンター(MRI・CT完備)|大阪の動物病院
HOME>BLOG

BLOG

新規導入機器紹介:第2弾 (crossfire2)                                2017.10.1
前回に続き、VRセンターに新しく導入した機器を紹介します
第2弾も整形外科の戸次先生が手術器具を紹介します。

。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°+ °。°+ °。°

関節鏡視下手術とは
内視鏡を関節内に挿入して内部の構造を拡大し、
病変部を発見して治療する手術方法です。

適応となる代表的な疾患には

◆ 前十字靭帯疾患
◆ 内側鉤状突起分離症(FCP
◆ 離断性骨軟骨症(OCD

などがあります。

関節鏡視下手術を行うためには
・ カメラ
・ 光源装置
・ モニター
・ 小関節鏡
手術機器
などの他
・ 滑膜などの組織切除を行うシェーバー
・ 止血や組織除去を行うRF(
Radiofrequency)
が必要になります。

今回9月に導入した クロスファイヤーは、
シェーバー機能と
RF機能が1台にまとまり、手術室の省スペース化に
貢献するどころか、シェーバー
機能に関しては、回転様式や
回転数などが改良されたことでスムースに
滑膜除去が可能となり、
手術時間の短縮や安全性の向上を実感しております。



投稿者 株式会社ネオベッツ (2017年10月 1日 16:22) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :