ネオベッツVRセンター(MRI・CT完備)|大阪の動物病院
HOME>BLOG

BLOG

院内セミナー "心疾患セミナー"                                     2018.3.25
今回は、先月開催した院内セミナーについて山田動物看護師がレポートします

⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨⌒¨¨⌒¨⌒¨
こんにちは

動物看護師の山田です。

先日当センターでは、横浜からJASMINEどうぶつ循環センターの
髙野先生をお招きし動物看護師向けの院内セミナーが行われました。



テーマは
  『心疾患を持つ動物が来院したら~症状・疾患別に考えてみよう~』 です。

我々動物看護師がセミナーで確認した内容ですが、動物の症状を見分ける
ポイントにもなりますので、その一部をご紹介いたします。

心疾患の主な症状とは・・・
    呼吸困難
   
    運動不耐・虚脱・失神
    腹水貯留
        
などがあげられます。

※症状別に考えると・・・・
  
呼吸困難とは
        →苦しそうな呼吸のこと
           頻呼吸、浅速呼吸、開口呼吸、努力性呼吸など様々な呼吸様式があります。

    呼吸困難の特徴は?”
      ・胸の動きが大きくなる
      ・仰向けや横になる事を嫌がり立っていることが多い
      ・首を伸ばすようなしぐさをする
      ・息を吸う時に鼻が広がっている
        などが見られます。
    
    
注意点”
      ・疾患があると、ストレス、不安、興奮、発熱だけでも呼吸困難は起こります。

      ・診察時には、ストレスをかける前に呼吸状態を観察すること、
        ケージ内の患者さんの場合は、外に出す前に呼吸状態の確認を行い
        必要な処置をすることが重要です。
  
  

      
どんな咳?
      ・乾性:大きく高い音
      ・痰産生性:乾性の咳の後に痰を出す仕草をする

      ・湿性:小さくこもった音
      と3パターンの咳があります。
 
   咳の評価ポイント
       ・どんな咳をしているのか?
      ・どれくらいの頻度で咳が出るのか?頻度が増えてきていないか?
      ・どんな時に出るのか?<起床時、興奮時、飲水時など>
      ・どれくらいの期間続いているのか?
      ・咳をした時に出る分泌物は?<粘液、血混じり>

      ・呼吸状態は?


    ちなみに・・・
      犬の心疾患に関連した咳の多くは乾いた咳
      ⇒猫は心疾患により咳をするのは稀で、胸水がある場合に
                     認められることはあります。


  
運動不耐・虚脱・失神
    どういう病気に起こるの?
            →重度の心不全状態、不整脈や先天性心疾患、心タンポナーデなどの
               疾患に起こります。
  
     
失神の特徴
      ・意識:なし
      ・前兆:ふらつき、転倒など
      ・症状のきっかけ:興奮、運動、咳、排便など
      ・痙攣:硬直、のけぞる
      ・時間:数秒
      ・発作後:いつも通りに過ごす
       ※発作の様な症状を起こすので、神経疾患
        (てんかん発作やその他の脳の疾患)と間違えられることもある。


     
どうして失神が起きるの?
      心臓からの拍出が急激に低下することや、肺での酸素交換が
      うまくいかなくなることで引き起こされます。


  水の貯留
   主な症状とは?
    ・元気食欲の低下や下痢や嘔吐などの消化器症状
    ・食欲の増加がないのに体重が増える
    ・お腹が張っている
    ・呼吸状態が悪い
       などが起こります。
    腹水が消化管や横隔膜を介して胸部を圧迫することにより
     上記のような症状が起こります。


今回の院内セミナーは、他にも疾患別の対処法や診断方法、
治療法について細かくご説明いただきました。
症状は患者様によって様々ですが、心疾患を持つ患者様は
命にかかわる症状を呈しての来院も少なくありません。
来院した際は、飼い主様のお話や実際の患者様の状態などから
状況を見極め、最短でストレスのない適切な処置を行うことが
大切であると改めて認識させられるセミナーとなりました。

投稿者 株式会社ネオベッツ (2018年3月25日 20:50) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :