ネオベッツVRセンター(MRI・CT完備)|大阪の動物病院
HOME>BLOG

BLOG

入院患者さん通信~トリミングタイム~                                 2018.9.12
毎日夕方になると、処置室では入院患者さんの
夕方の処置を行っています

処置には、検査、注射、点眼、リハビリなど
動物たちにとって苦手なことも多いのですが、
そんな中、楽しそうなワンちゃんを発見しました

角膜潰瘍で角膜修復手術をしたひなこちゃんです
とてもきれいなサラサラの長毛さん
ちょうど山田動物看護師がひなこちゃんのトリミングを
行っているところでした
 
 眼の手術をしたひなこちゃんの場合、眼に毛が入ると
 眼を清潔に保つことができない為、手術後の状態悪化に
 つながる可能性があります。
 お顔周りの毛を整える事で、予防することができます


 お耳のところから三つ編みを
 みんなから『とてもお利口さん』と声がかかるひなこちゃん
 三つ編み中もジッとしていました


   さすが長毛さん
   こんなにきれいな三つ編みができあがりました

 
    反対側も・・・


中央のおだんごには、山田動物看護師作成のお手製リボンを


はい。完成です
手術後、数日なので手術をした眼は痛々しいですが。。。
おさげ&おだんごで女子高生風になりました

   
入院室に戻る前には、エリザベスカラーが必須。
せっかくの女子高生風ひなこちゃんが身を潜めてしまいました


手術をするとしばらくトリミングに行けない患者さんたち
患者さんによって入院中の看護は様々ですが
ひなこちゃんは眼を保護する為に負担にならない程度で
山田動物看護師がトリミングを行っていました。
いつもきれいな姿で過ごしてほしいな・・・という思いも込めつつ
投稿者 株式会社ネオベッツ (2018年9月12日 20:31) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :