ネオベッツVRセンター(MRI・CT完備)|大阪の動物病院
HOME>BLOG

BLOG

病気のお話シリーズ vol.18 "骨肉腫"                                2019.4.17
今回の病気のお話ブログは総合診療科の武内先生から
『骨肉腫』に関するお話です

よく聞く病気ですが、詳しくはご存知ない方も多いのではないかと思います。
分かりやすく解説していますので、是非読んでみてください。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

総合診療科の武内です。
今回は、かかりつけの病院でも診断、治療される機会が多い
犬の『骨肉腫』という病気について説明させていただきます。

骨肉腫とは?

     まずはじめに、『肉腫』とは、悪性腫瘍、いわゆる『がん』の一種です。
     『骨肉腫』は、犬の骨に発生する悪性腫瘍で最も多くみられるもので、
     骨腫瘍全体の90%以上を占めると言われます。

 どんな子のどんな所にできるの?
     大型犬や超大型犬に多くみられますが、小型犬でも見られることがあります。
     全身のどの部位でも発生する可能性はありますが、特に四肢での発生が多く、
     図の位置でよく見られます。

     

 どんな症状が出るの?
     骨融解(腫瘍に骨がとかされること)により、痛みが生じます。
     そのため、発生部位によって跛行(足をうまくつかない、痛そうに歩く様子)が
     見られることがあります。
     骨融解の程度によっては骨折が起こったり、激しい痛みを訴えることがあります。

 どうやって診断するの?
      レントゲン検査やCT検査で病変を確認し、細胞診(細い針で細胞を採取)や
      組織生検(太い針で組織をくり抜く)で診断することが多いです。
      ただし、病変が小さい場合は骨の生検は困難となることもあるため、
      骨肉腫が疑われているのに検査で検出されなかった場合には、
      本当に腫瘍ではないのか、組織の採取が難しかったからなのか、
      結果の解釈には注意が必要です。


        橈骨に発生した骨肉腫のレントゲン画像
        骨がとけ、周囲の組織が腫れています。
   

        同じ症例のCT画像
        骨融解がよりはっきりとわかります。
   


 どんな特徴があるの?
     非常に転移しやすいことが特徴で、発見時には90%以上の患者さんで
     すでに身体のどこか(肺や骨など)に転移が起きているとされます。
     ただし、レントゲン検査や
CT検査などで検出されないほど小さな
     病巣であることが多いです。
     そのため、診断の時点では画像検査で転移の所見がなくても、
     微小な転移がある前提で治療方針を立てなければいけません。

 どうやって治療するの?
     治療の戦略は原発巣(おおもとの病変)に対するもの、転移巣に対するもの、
     疼痛に対するものなどに分けて、患者さんの状況に応じて考える必要があります。


      原発巣に対する治療
           ・腫瘍の外科的切除(断脚など)
           ・患肢温存手術
           ・放射線治療

         転移巣に対する治療
          ・化学療法(抗がん剤など)

       疼痛に対する治療
          ・鎮痛薬
          ・ビスフォスフォネート製剤(骨融解を抑える薬です)
          ・放射線治療

 予後(病気がたどる経過)は良いの?
     四肢の骨肉腫の場合、原発巣の手術と抗がん剤による治療をした場合の
     1年生存率は約50%2年生存率は20%とされるため、一般的には予後は
     良くないと考えられます。
     ただし、小~中型犬の場合は大型犬と比較して予後が良い、
     四肢の中では上腕骨が最も予後が悪い、下顎に発生した骨肉腫は転移しにくい、
     など、それぞれの患者さんの状況によって違なります。

 さいごに
     骨肉腫は、手術や抗がん剤など積極的な治療を行うことにより生存期間が
     延びることがわかっている腫瘍の一つです。
     骨肉腫が疑われる、または診断された場合には、早期診断、早期治療の
     実施が勧められます。


     この病気を疑う症状が見られる場合には、まずはホームドクターの先生に
     是非相談してみて下さい。

投稿者 株式会社ネオベッツ (2019年4月18日 15:31) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :