ネオベッツVRセンター(MRI・CT完備)|大阪の動物病院
HOME>BLOG

BLOG

山口先生紹介                                                  2021.5.17
今回は、総合診療科の山口先生を紹介します。

山口先生は、一次診療の病院で勤務後
北海道大学の動物医療センターで
検査麻酔や手術麻酔を学んでVRセンターへ来ました

先生へ質問をしてみました

なぜVRセンターで勤務しようと思ったのですか

専門性を高められる職場を探していた時
宇根センター長と話をする機会があり
“ VRセンター以上の職場はない ”と感じたそうです

生まれ育った大阪、獣医師としても成長させてくれた大阪で
勤務したかった・・・と大阪愛に溢れている先生です




麻酔に関して特に興味をもっている理由を聞いてみました

手術が、患者さんの今後に与える影響力が大きいと感じていた頃
重症患者さんの手術で麻酔管理を任される機会がありました。
必死に勉強して臨み、手術が成功して、元気になって退院した時、
チームとしての喜びと自分のやるべき役割を認識し、
麻酔集中治療に対興味が深まっていきました。


北海道大学ではどんなことを学んでいましたか
ひと言で一日中麻酔

朝出勤すると
麻酔器の立ち上げ、前日に考えた麻酔薬の用意
日中は
検査や手術の麻酔管理
夕方から
当日の反省会、翌日の患者さんのディスカッション

勤務時間外など空き時間は
麻酔科で呼吸生理学や循環生理学の勉強会

まさに麻酔どっぷりの日々を過ごしていたそうです。


VRセンターで勤務して半年以上が経ち、VRセンターの印象は

麻酔に関わる動物病院としては、大学病院に引けを取らないくらい
機器や薬剤が揃っており、診療数も多いと感じています。


先生のお家の猫も紹介してもらいました

                まいちゃん 10才

                    カメラが趣味の先生撮影の1枚です

もともと保護猫で、出会った頃は警戒して全く顔を見せて
くれなかったそうですが・・・
今では、玄関でお出迎えをして『お腹を撫でて~』と
せがんでくるほど仲良しに

ツンデレでかわいいそうです


お休みの日は何をしていますか

焙煎したてのコーヒー豆を購入して、毎回豆を挽いて
おいしいコーヒーを淹れているそうです
エスプレッソマシーンでカフェラテを淹れることも

       ラテアートの腕前がお見事


お天気のいい日は、おいしいコーヒー屋さんまで
ドライブをするそうです

最近は、お家時間も楽しめるようにベランダを改造して
日向ぼっこスペースを作ったりも・・・
おいしいコーヒーとあったかベランダ
そしてツンデレな猫のまいちゃん
素敵なお家時間を過ごしている先生です


診療中は、総合診療科として、幅広く診療を行いつつ
麻酔管理として他の先生から声が掛かることも多々あります。




麻酔管理をする上で大事にしていることは

それぞれの患者さんから出来るだけ多くの情報を得て
生じうるリスクやトラブルを予測し、予防できる事は予防を
麻酔中に生じたことに関しては、早期に治療する
より安全な検査や手術が提供できるよう
目的に合った麻酔管理を正確に選択しています。

現在は、自身が主体となって考える事や、外科の先生方と
ディスカッションする機会も多く、日々やりがいを感じていると話す
山口先生を紹介しました
投稿者 株式会社ネオベッツ (2021年5月17日 17:47) | PermaLink

コメントする


 




TrackbackURL :