ネオベッツVRセンター(MRI・CT完備)|大阪の動物病院
HOME>BLOG

BLOG

新規導入機器紹介:第3弾 (ARIETTA 70 HITACHI)                         2017.10.8
今回も、新しくVRセンターに導入した機器を紹介します
第3弾は整形外科の日高先生が超音波検査装置を紹介します。

。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°+ °。°+ °。


今回新たに導入した超音波検査装置(ARIETTA 70 HITACHIは、
これまでのものと比較し画面が大きく、画像もクリアに描出されます。
そのため、より詳細で正確な診断が可能となりました。


この新たな検査装置は、腹腔内や心臓の評価に加え、整形外科領域の診断を
大きく前進させてくれるものと期待しています。




両手が塞がっていても、足元のフットスイッチを使用することで
静止画のシャッター
ャンスを逃すことなく撮影をおこなえます。

        こちらは膝蓋骨内方脱臼の患者様の画像です

 
   導入した超音波検査装置では筋肉の硬さを評価することができます。
   赤色 : 柔かい筋肉、青色 : 硬い筋肉
   膝蓋骨内方脱臼の患者様は筋肉が硬くなっています。
   超音波画像から筋肉が青く記されており、硬くなっていることが分かります。


整形外科の診断に必要な検査といえば、触診、X線、CTMRIなどが一般的です。
事実、多くの場合これらの検査を組み合わせて総合的に評価することで、
正確な診断が得られます。

しかしながら、これらの検査では、組織の“動き”を リアルタイムに評価することができません。
整形外科の対象は、骨や筋肉、関節内外の組織、いわゆる運動器と呼ばれる組織です。
運動器を評価するには、今回のような超音波装置を用いて “動き”の評価をプラスすることで
より正確な診断を得ることが可能となります。

また、超音波検査装置は、X線では評価できない筋肉や靭帯、
腱を描出することができ、これらの評価を客観的に行うことができます。

 大腿四頭筋を短軸断像で診る場合

・ 大腿骨遠位1/3の部位で大腿骨に対し、垂直となるようにプローブを当てます。
・ 一画面で内側および外側を描出することはできないので、内側、外側と分けて描出します。

   こちらが超音波検査で描出された
   大腿四頭筋、および縫工筋です




実際に人医療の整形外科領域では、超音波検査装置を用いた診断や
リハビリ評価が除々に広まりつつあります。
まだまだ整形外科と超音波検査は結びつかない印象が強いと思いますが、
超音波検査の有用性は無限にあると考えています。


先月、整形外科疾患をエコーで診る為の獣医学書も発売になりました 
著者は、以前VRセンターでエコーの院内セミナーを行って頂いた
本阿彌宗紀先生です。

これからの 整形外科の診断、治療方針の決定、術後の経過評価に
超音波検査を用いることで、より正確で客観的な評価を行うことができると期待しています。

投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
新規導入機器紹介:第2弾 (crossfire2)                                2017.10.1
前回に続き、VRセンターに新しく導入した機器を紹介します
第2弾も整形外科の戸次先生が手術器具を紹介します。

。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°+ °。°+ °。°

関節鏡視下手術とは
内視鏡を関節内に挿入して内部の構造を拡大し、
病変部を発見して治療する手術方法です。

適応となる代表的な疾患には

◆ 前十字靭帯疾患
◆ 内側鉤状突起分離症(FCP
◆ 離断性骨軟骨症(OCD

などがあります。

関節鏡視下手術を行うためには
・ カメラ
・ 光源装置
・ モニター
・ 小関節鏡
手術機器
などの他
・ 滑膜などの組織切除を行うシェーバー
・ 止血や組織除去を行うRF(
Radiofrequency)
が必要になります。

今回9月に導入した クロスファイヤーは、
シェーバー機能と
RF機能が1台にまとまり、手術室の省スペース化に
貢献するどころか、シェーバー
機能に関しては、回転様式や
回転数などが改良されたことでスムースに
滑膜除去が可能となり、
手術時間の短縮や安全性の向上を実感しております。



投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
新規導入機器紹介:第1弾 (Primado2 total surgical system)                  2017.9.27
今回から数回に亘りVRセンターに導入した機器を紹介します
第1弾は、先月導入した手術器具を整形外科の戸次先生が紹介します。

。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°+ °。°+ °。°

整形外科用パワーツールとは
手術中のドリルやインプラントの固定などを
行うために
特別に設計された装置のことをいいます。

我々は、整形外科用パワーツールとして
● J&J depuy synthes 社製の “colibriⅡ”
● Stryker社製の 
CORE universal driver”
● Arthrex社製の “Arthrex 300 power system
を使用してきました。

これに新たに2017.8月に
ナカニシ社製トータルサージカルシステム “プリマド2 を導入しました


それぞれの機器の違いは、グリップの大きさ、重さ、回転数、
オシレーティング機能、アタッチメントなど少しずつ異なっております。

“ちょっとした違い”かもしれませんが、外科医として“ちょっとした違い”を
追求することで、手術時間の短縮や手術成績の向上につながり、動物に

優しい治療につながると我々は考えています。

今回のナカニシ社製 “プリマド2” は、グリップサイズが小さく、
重さの
バランスや回転数(オシレーション機能あり)、
そして振動鋸に薄いソーブ
レードを装着することが可能であることから、
小型犬の膝蓋骨脱臼の手術を
よりスピーディーかつ正確に実施することが
できると考えて導入しました。




また、この電動ドリルと2017年5月に導入した
MIZUHO社製 “トイカッタブルプレートシステム” を組み合わせることで、
特に体重2kg未満の橈尺骨骨折
治療も行いやすくなりました。

   
              トイ・プードル 710か月齢 去勢済み雄 
                  体重1.7kg 
橈尺骨骨幹部横骨折

   

 <術後レントゲン トイカッタブルプレートシステムを用いて治療>

  橈骨頭側面に1.3mmスクリューを用い1.0mm厚のプレートを固定 
  橈骨外側面に1.1mmスクリューを用い0.9mm厚のプレートを固定

投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
NEW☆体重計入荷                                                2017.9.22
先日、VRセンターに新しい体重計が届きました

どのような体重計かというと…
わんちゃんが自分でらくらく乗れる高さとなっており、
高い所が苦手なわんちゃんや、大型犬も簡単に
体重測定ができるという優れものです

    

これまでは、体が大きなこ達も抱っこをして
高い台の上に乗せないといけませんでした
これからは、わんちゃんにも優しく、より安全に
体重測定ができるようになり、さっそく愛用されています

     

こちらは待合室に設置しておりますので、
患者様もご自由に使用して頂けます
ご来院の際には、是非測ってみてください
ケージから出しての猫ちゃんの体重測定はお控え下さい。

=====================
最後に、撮影のモデルになってくれたてまりちゃん

    

とっても人懐っこい てまりちゃん は、左上顎の手術を乗り越え、
6日間の入院の後、無事退院されました
モデル犬のお仕事もとってもお利口にしてくれました
お家に帰ってゆっくりご家族と過ごしてね
投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
VNブログ 【佐野先生院内セミナー】                                     2017.9.17
VRセンターでは、定期的に院内セミナーを行っています

今回は酪農学園大学の佐野忠士先生にお越し頂きました。
その他にも、医療機器、薬品会社、ペットフードなど、
企業の方にもお越し頂いています。

今回の院内セミナーを上田動物看護師がレポートしましたので
紹介したいと思います。

▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼△▼

こんにちは!
動物看護師の上田です!

 酪農学園大学の准教授 佐野忠士先生をお招きして
  院内でセミナーを行いました。


内容は“エマージェンシー(救急処置)”と“麻酔”に関してです。


★ 動物が急変したらどうすればいい
    まず心肺蘇生を行う前に心肺停止状態なのかをしっかりと確認
    胸の動きや脈があるかを確認し、できれば発見してから
    15秒以内には心肺蘇生を行う。


★ 具体的に何をするの
    ~ 一次救命処置 ~
       皆様も教習所などで練習した経験はあるかと思いますが、
       一次救命処置は
救急車や医師が到着するまで行うものです。
       動物の場合も方法は同じですが、ほとんどの場合動物病院で行われます。
        心臓マッサージにより循環を確保する
        気管挿管を行う
        気管挿管できない場合は人工呼吸を行う
            心臓マッサージ30回 ⇔ 人工呼吸2回 (21サイクルで交替しながら行う)
            人工呼吸は動物の口を塞ぎマウスtoノーズで行う : 胸が少し上がるくらい吹き込む
            ※①と②はほぼ同時に行う   

   
~ 二次救命処置 ~
       一次救命処置から素早く二次救命処置に移行します。
     こちらは獣医師が主導となり行われるものです。
    ◎モニタリング
      動物にモニターを装着し、数値や波形を確認し状態を把握する
      →心電図、呼気の二酸化炭素の濃度を測定するもの、
       血液中の酸素の飽和度を
測定するものなどがあります。
    ◎薬剤の投与
      心臓を動かすお薬を入れていく
         ◎除細動器の使用
      心室細動などが起きている場合に心臓に電気ショックを与え、心拍再開を試る


今回のセミナーで、エマ―ジェンシー処置には普段からのシミュレーションが大事で、
処置時に指揮をとる人がいるか、また処置後には反省点や良かった点を話し合うことの
大事さを教えていただきました。
万が一動物が急変したら、すぐに近隣の動物病院へ連絡してください

セミナーの終盤はスタッフが経験した麻酔に関するたくさんの疑問に対し、
佐野先生に
丁寧に分かりやすく教えていただきました。

今回のセミナーで現場において役に立つ情報を得ることができたので、
今後もより一層
質の高い麻酔管理が行えるよう努めていきたいと思います。

           セミナー後の懇親会のワンシーン


佐野先生、お暑い中当院まで足を運んでいただき、
貴重なお話し
本当にありがとうございました。

投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
         
17