ネオベッツVRセンター(MRI・CT完備)|大阪の動物病院
HOME>BLOG

BLOG

VRセンター GW診療について                                        2019.4.25
先日、久しぶりに献血にご協力頂いたふぁん太ちゃんです
急なお願いにもかかわらず、ご来院頂きとても助かりました。



そんなふぁん太君にお手伝いをしていただき、
VRセンターのゴールデンウィークの予定をお伝え致します



投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
病気のお話シリーズ vol.18 "骨肉腫"                                2019.4.17
今回の病気のお話ブログは総合診療科の武内先生から
『骨肉腫』に関するお話です

よく聞く病気ですが、詳しくはご存知ない方も多いのではないかと思います。
分かりやすく解説していますので、是非読んでみてください。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-

総合診療科の武内です。
今回は、かかりつけの病院でも診断、治療される機会が多い
犬の『骨肉腫』という病気について説明させていただきます。

骨肉腫とは?

     まずはじめに、『肉腫』とは、悪性腫瘍、いわゆる『がん』の一種です。
     『骨肉腫』は、犬の骨に発生する悪性腫瘍で最も多くみられるもので、
     骨腫瘍全体の90%以上を占めると言われます。

 どんな子のどんな所にできるの?
     大型犬や超大型犬に多くみられますが、小型犬でも見られることがあります。
     全身のどの部位でも発生する可能性はありますが、特に四肢での発生が多く、
     図の位置でよく見られます。

     

 どんな症状が出るの?
     骨融解(腫瘍に骨がとかされること)により、痛みが生じます。
     そのため、発生部位によって跛行(足をうまくつかない、痛そうに歩く様子)が
     見られることがあります。
     骨融解の程度によっては骨折が起こったり、激しい痛みを訴えることがあります。

 どうやって診断するの?
      レントゲン検査やCT検査で病変を確認し、細胞診(細い針で細胞を採取)や
      組織生検(太い針で組織をくり抜く)で診断することが多いです。
      ただし、病変が小さい場合は骨の生検は困難となることもあるため、
      骨肉腫が疑われているのに検査で検出されなかった場合には、
      本当に腫瘍ではないのか、組織の採取が難しかったからなのか、
      結果の解釈には注意が必要です。


        橈骨に発生した骨肉腫のレントゲン画像
        骨がとけ、周囲の組織が腫れています。
   

        同じ症例のCT画像
        骨融解がよりはっきりとわかります。
   


 どんな特徴があるの?
     非常に転移しやすいことが特徴で、発見時には90%以上の患者さんで
     すでに身体のどこか(肺や骨など)に転移が起きているとされます。
     ただし、レントゲン検査や
CT検査などで検出されないほど小さな
     病巣であることが多いです。
     そのため、診断の時点では画像検査で転移の所見がなくても、
     微小な転移がある前提で治療方針を立てなければいけません。

 どうやって治療するの?
     治療の戦略は原発巣(おおもとの病変)に対するもの、転移巣に対するもの、
     疼痛に対するものなどに分けて、患者さんの状況に応じて考える必要があります。


      原発巣に対する治療
           ・腫瘍の外科的切除(断脚など)
           ・患肢温存手術
           ・放射線治療

         転移巣に対する治療
          ・化学療法(抗がん剤など)

       疼痛に対する治療
          ・鎮痛薬
          ・ビスフォスフォネート製剤(骨融解を抑える薬です)
          ・放射線治療

 予後(病気がたどる経過)は良いの?
     四肢の骨肉腫の場合、原発巣の手術と抗がん剤による治療をした場合の
     1年生存率は約50%2年生存率は20%とされるため、一般的には予後は
     良くないと考えられます。
     ただし、小~中型犬の場合は大型犬と比較して予後が良い、
     四肢の中では上腕骨が最も予後が悪い、下顎に発生した骨肉腫は転移しにくい、
     など、それぞれの患者さんの状況によって違なります。

 さいごに
     骨肉腫は、手術や抗がん剤など積極的な治療を行うことにより生存期間が
     延びることがわかっている腫瘍の一つです。
     骨肉腫が疑われる、または診断された場合には、早期診断、早期治療の
     実施が勧められます。


     この病気を疑う症状が見られる場合には、まずはホームドクターの先生に
     是非相談してみて下さい。

投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2019年新入社員紹介                                            2019.4.11
4月、新年度がスタートしましたね

世間で話題の平成最後の新入社員
VRセンターにも4名の動物看護師が入社しました。

   先日行っていたオリエンテーション会場を覗いてみると・・・

 
   フレッシャーズ達長時間のオリエンテーション後も
   疲れ知らずでいい笑顔がでていました


ここで、ひと言インタビュー
 目指している動物看護師像は
 得意なことor興味があることは

 千葉動物看護師 
 動物にもオーナー様にも信頼していただけるような動物看護師を目指しています
 笑顔での対応

 伊東動物看護師 
 オーナー様の気持ちに寄り添うことができる動物看護師を目指しています
 眼科の分野にとても興味があり、得意分野にしたいと思っています

 樋口動物看護師 
 テキパキ動いて、仕事をきちんとこなし、獣医師のサポートがしっかりできる
      先輩方のような動物看護師を目指しています
 動物看護師として得意な事はまだありませんが、掃除は隅々まで
      きれいに行える自信があります

 村山動物看護師 
 飼い主様や他のスタッフから信頼を得ることができ、また臨機応変に動ける
      対応力のある動物看護師を目指しています
 動物や人と笑顔で接することが得意です

既に、アルバイトや実習で院内の状況を把握している
新入社員も多く、先輩たちに付いてみんな積極的に業務に
取組んでいます
24名となった動物看護師
久しぶりの大所帯で活気に溢れているVRセンターです


                     夜は歓迎会を行いました~
                     飲んで飲んで飲んで食べて飲んで

                           写真の通り、とにかく楽しい時間でした

投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
献血 ご協力ありがとうございました                                    2019.4.4
先日献血に協力してくれたワンちゃんたちです






大阪もいよいよ桜が満開間近となってきました

ポカポカ陽気で、ワンちゃんとのお散歩が楽しくなる季節ですね
ボルトくんもお散歩をしながら当院まで来てくれました。

先日は、ご近所の方がお散歩をしながら、ドナー登録に来てくれました。

ご協力いただきありがとうございます。
今後とも宜しくお願い致します
投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
大阪城リレーマラソン初参戦!!!                                   2019.3.25
 3月21日、あたたかな春分の日
 
     
 
 大阪城公園で開催された
 「大阪城リレーマラソン」にチームNEO VETSとして初参戦してきました

   
 
 
 42.195㌔を9人で走ります
 強脚組、3名は2㌔を3周RUN
 その他6名は2周RUN


 しかも、驚きの制限時間4時間
 数名は、オーバーペースでのノルマを課せられ
 時間内での完走を目標に
 いざ
  
  
 周りのランナーの速さにビックリ
 つられて好タイム連発 
 どんどん周回を重ね
 アンカーはやっぱり王寺先生

  
  
 ゴールで待つ私たちも驚くほどの速さの中、満面の笑みでゴール 

   
    
 
 
 結果
 469チーム中235位 
   
 普段の診療でのチームワークがいかされたのか!!?
 この日のチームワークが日々の診療にいかされるのか!!?
 兎にも角にも、
 みんなが楽しんでいたのが、何よりではないでしょうか
 
 
 

 


 来年は、さらに上位を目指して!?!?!?
 
投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
 
2