ネオベッツVRセンター(MRI・CT完備)|大阪の動物病院
HOME>BLOG

BLOG

新規導入機器紹介:サンダービート                                2018.5.26
今回は新しく導入した手術器具 “サンダービート” を紹介します

。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°+ °。°+ °。°+ °。°

腫瘍科の田戸です。
今日は手術器具の紹介です。

より安全で確実な手術を行うためには、経験や鍛錬も必要ですが、
最良と思われる器具を更新する事も同じように重要です。

腫瘍を摘出するには、血管を剥がして、結んで、切断する事が
必ず必要になってきます。

腫瘍は血液を欲しがるので細かい血管が入り乱れるように流入します。
それらをすべて
結紮すれば確実ですが手術時間がどんどん長くなってしまいます。

そこで様々な器具を用いて止血を行っていくのですが、
今までは主に 電気メス と 超音波メス を使用してきました。


これらには一長一短があって、状況によって使い分けていましたが、
それらを一つにした器具が開発されました

超音波で血管の蛋白質を固めて止血する上に、電気を流して、
より確実に止血する事が
可能となりました。






超音波メスだけでも止血して、血管を切断する事は可能でしたが、
大きめの血管だと出血するリスクがありました。

電気メスを組み合わせる事により止血能力が向上し、結果として
手術が安心して行えるようになり、スピードも向上します。
また体の中に残さなければならない糸の量も少なくなるので、
より負担が無い手術が可能になっています。


超音波メスはハーモニックと呼ばれていましたが、今回の手術器具は
音波に電気を組み合わせているのでサンダービートという名称です。
すごくカッコいい名前ですね

ちなみに超音波メスも新しくなり、その名もソニックビートと言います。
こちらもカッコいい名前です


ネオベッツVRセンターでは、技術だけではなく、このように新しい器具も
積極的に取り入れています。

投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
入院患者さん通信~フクちゃん退院おめでとう~                            2018.5.21
今回は、横隔膜ヘルニアの手術を受けて12日間の入院生活を
がんばったフクちゃんの看護例を紹介します

フクちゃんは呼吸促迫、食欲不振の症状で検査を受けに来院しました

胸のレントゲン検査と、無麻酔でCT検査を行い
検査の結果、横隔膜ヘルニアであることが分かりました。
お腹の中に脱出した消化管が肺を圧迫し、
呼吸がしにくくなっていました。

約1時間半の手術を乗り越え、手術後の入院生活が始まりました

手術後数日間は、口からご飯が食べられず
食道に入れたチューブから、ペースト状のご飯を入れて
栄養をとっていました。

手術から5日後、スプーンで口元にご飯を運ぶと
口から少しずつご飯を食べてくれるようになってきました

フクちゃんは手術後、一時的に食道拡張の症状がありました。
食後体が横になるとご飯が胃に入っていかず
吐いてしまう可能性がある為、食後約15分間、
立った体制をキープしなければなりません。

    その間、動物看護師に抱っこをされながら
    院内で過ごすフクちゃん
   

退院前日にはこんなにしっかりご飯を食べれるようになりました

     
フクちゃんのお食事中のご様子動画、クリックしてみてください

入院生活後半は動物看護師と共に院内で過ごす時間が長く
処置室にいる間は、様々な事に興味を示していたフクちゃんでした
少しリフレッシュしていたかな



お家に帰った後お電話をすると、お家に着いて何時間も
ゴロゴロ喉を鳴らしてお母さんに甘えていたそうです
やっぱりお家が一番なんだね
投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
ネオベッツセミナー‟僧帽弁閉鎖不全症"                                2018.5.14
今回は、先日開催したネオベッツセミナーについて藤井先生がレポートします

□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□


こんにちは。
獣医師の藤井愛里です。

先日、当センターで「JASMINE動物循環器センター」の髙野先生を
お招きし、ネオベッツ
セミナーを開催しました。

JASMINE動物循環器センターは最先端の循環器治療で世界的に
注目されている施設です


本セミナーの演題は
  『僧帽弁閉鎖不全症の診断&治療アップデート
    ~変わる内科治療内科治療る内科治療&外科治療の実際~』 であり、

循環器の基本的な知識から、様々な研究データをもとにした最新の内科治療や
外科治療について、非常に貴重な講演をして頂いたので、その内容の一部を
ご紹介させて頂きます。

「僧帽弁閉鎖不全症」という病気を耳にしたことがある方は少なくないかと思います。
 僧帽弁閉鎖不全症は
   犬において最も一般的な心臓の病気の一つで、
   そのほとんどが加齢とともに数年かけて進行します。
   この病気は、適切な治療介入によって、生活の質を
   上げることができますが、治療
介入時期やお薬の種類について
   様々な意見があります。

従来では、
       トリプルセラピー
     
ピモベンダン ・ フロセミド ・ ACEi3種類のお薬を使うのが一般的でした
髙野先生のお話では、
    ダブルセラピー
     
ピモベンダン ・ フロセミド2種類のお薬でいいのではないかとのこと

ピモベンダンの治療開始時期については、
       現在は無徴候で心拡大が認められない
       早期StageB1からの内服開始は現時点では推奨されておらず、

       心拡大が進行した
       無徴候の僧帽弁閉鎖不全症StageB2後半)からの内服開始によって、
       有意に肺水腫や心臓死までの期間を延長させたというデータをご紹介頂きました。

このことから、咳などの症状が出る前から定期的に心臓のエコー検査を
行うことの必要性が高まってきているように思われます。


次に、従来動物医療ではあまり実施されてこなかった
僧帽弁閉鎖不全症の外科手術も
ご紹介頂きました。

外科手術の方法とは、
     一旦心臓を停めて人工心肺装置に接続し、その間に心臓の弁を
        形成するというものです。
     難度の高い手術になりますが、JASMIN動物医療センターでは、
        その治療
成績も向上しており、僧帽弁閉鎖不全症の治療として
        選択肢に挙げられるようになって
きています。

僧帽弁閉鎖不全症は昔からある病気ですが、新しいお薬の使い方や
外科手術という新しい選択肢ができてきていると実感できたセミナーでした。

投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
田戸先生 海外学会報告(VSSO)                                      2018.5.8
今回は、腫瘍科の田戸先生が先月参加したハワイの学会についてお伝えします

*========*========*=======*=======*=======*=======*========*

腫瘍科の田戸です。
4月にハワイのマウイ島で開催された獣医腫瘍外科の学会に参加してきました

2年毎に開催されるVSSOという学会で、前回はカリフォルニアのナパで
開催されていましたが、今年はより近くなった為か日本から参加の先生が
増えていたようです。



          ウェルカムドリンクパーティーの様子

           学会の開始はフラダンスからです



今回のVSSO4(Ⅳ)回目という事でテーマは4つに分かれていました。
 ◆ InvasIVe(侵襲的)
 ◆ ReconstructIVe(再建)
 ◆ RadioactIVe(放射性同位体)
 ◆ DisruptIVe(突破口)

どこまで出来るか
どのように手術(再建)をするのか
診断の精度をあげるにはどうすればよいのか
4の治療法にはどのようなものがあるのかを
様々な先生が話すのですが、獣医師だけではなく医師も招聘して、
より拡がりをもった議論をしていたのが印象的でした。


医師資格と獣医師資格の両方を持っている人がいたり、
獣医師が人の医学研究所で研究していたりと、
治療対象という垣根を超えてオープンに協力しあっている点は
アメリカの素晴らしい点だと思います。
日本もいつの日かそのようになる事を願って止みません。



外科学会ですが、手術の話をするというよりは手術の限界をどのように超えるか
という点が、最も熱意をもって話されていました。




今回のVSSOも世界を代表する腫瘍外科の獣医師が一堂に集まる
エキサイティングな学会でした。

病院の診療や手術を休んでいた身分で申し訳なかったのですが、
1日だけ観光もしてきました。


今回の会場になったマウイ島は日本人の観光客もほとんどおらず、
観光地らしさはありませんでしたが、小さい島であるにもかかわらず
自然は雄大です。


上の写真は島の最高峰のハレアカラ山です
低く見えますが3000メートルを超えています。
車で山頂まで行けるのでレンタカーで行ってきました


山頂についた時には周りは一面の雲で、何も見えなかったので
特に感想はありません。


日本に帰ってくると日本が一番落ち着くのですが、
海外のトップランナーと話しているとやはり刺激を受けます。

海外が必ずしも進んでいるわけではなく、日本の方が症例数が
多いものもあり、そういったものもアピールすることで、より動物たちの
受けられる医療が発展することを心から期待しています。

投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
入院患者さん通信~スキンシップタイム~                                 2018.5.1
『触ってもらうことが大好きなネコちゃんが入院室にいるよ
と院内で噂になっていたので、早速カメラ持参で入院室へ・・・

 噂のネコちゃんはベンガルのベニちゃん


膝蓋骨脱臼の整復手術を受けた後
お家で安静に過ごせるか心配。。。。とのオーナーさんの想いから
長めの入院生活を送っているベニちゃんです。


        スタッフがお部屋に近づくと、気配を感じて
        早速ベッドから出てきました


         お部屋の前まで行くと・・・・
  

        触ってほしくてたまらないベニちゃんの
       触って触ってコールが
  

入院中は、注射や傷口のチェックなど
ワンちゃん、ネコちゃんにとって苦手なことも多くありますが
楽しいこともあります。それは “スキンシップタイム” 

ベニちゃんは、触ってもらうことが大好き
飼い主さんの代わりにスタッフとスキンシップをはかっています。


お部屋の扉が開いて 来ましたースキンシップタイム

   





    

                            たっぷりスタッフが触ると、うっとり。この表情


入院中は、お部屋の中で安静に過ごしている時間が長いですが、
その合間にスタッフと触れ合うことで
ストレス解消してくれていたらいいな・・・と思っています。
    

満たされた後のベニちゃんは、ベッドに戻って毛繕い


  痛くない楽しいことばかりだったらいいのにね
投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
 
2