ネオベッツVRセンター(MRI・CT完備)|大阪の動物病院
HOME>BLOG

BLOG

入院患者さん通信~リボンコレクション~                                 2018.3.14
ある日の処置室

    慣れた手つきで何かを作り初めた動物看護師


     伸縮包帯を使って・・・         



     
             完成 リボンができあがりました


          作っていたのは男性動物看護師
      
     リボン作りが得意な動物看護師が、リボン作りレッスンをし
   見事、きれいな形のリボンを作れるようになりました。      


   リボンがお似合いの患者さんアルバム

      脊髄腫瘤摘出の手術をした まる子ちゃん 
   小さな体に合わせてミニサイズのリボンを
   お母さんが大好き!お母さんと一緒だと気持ちが大きくなります。           



      胆嚢摘出の手術をした ウリちゃん 
      ツートンカラーのリボンがお似合い
      動物看護師の肩の上が大好きでした。


  
   門脈シャントの手術をした ドルちゃん 
   肉球とお花のワッペンタイプを
   いつもマイペース。パッチリお目めが印象的でした。


   門脈シャントの手術をした カンクローちゃん 
   ボーダータイプのビビットなリボン
   とてもフレンドリー。よくペロペロなめてくれました。 


手術後、傷口を保護する為にホワイトネット(チューブ包帯)を
着用することがあります。
吸水性、通気性、伸縮性に優れていますが、真っ白でシンプル素材。
少し寂しいので、リボンを付けても気にしない患者さんに
動物看護師がリボンのプレゼントをしています

手術後で心配事が多いオーナー様の気持ちが少しでも
明るくなってもらえるといいなと思っています。

スタッフもリボンが付いてかわいさ倍増した患者さんの姿に
和ませてもらってます
投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
献血 ご協力ありがとうございました                                    2018.3.7
先日、2頭のワンちゃんが献血に協力してくれました。

セントバーナードの  “Beethovenくん”  と  “こころちゃん”  です。

同じセントバーナードでも毛の色合いがまったく違う2頭

体格は・・・
女の子のこころちゃんのほうが一回り小さいですが
さすが超大型犬2頭とも50kg前後と とても立派

 
                              Beethovenくん

     

                              こころちゃん 


遠方からお越し頂きありがとうございました
今後もご協力宜しくお願いします。
投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
募金のご報告                                                 2018.2.21
VRセンター受付に設置している募金活動に
ご協力頂きありがとうございます。

先日、2ヶ所の施設に送金を行いましたのでご報告致します。

     JAHA(公益社団法人日本動物病院協会)

    2017年1月~2018年2月   募金額:21,253円

 高齢者施設や小児科病棟、ホスピス病棟を訪問し行われる
 アニマルセラピー(CAPP)活動に活用されます。



         公益財団法人日本アニマルトラスト 
  
    2017年7月~2018年1月   募金額:13,234円
    2014年12月~       累計募金額:76,468円


  施設で生活している保護されたワンちゃんネコちゃんの
  食費やワクチン代、治療費等に活用されます。

ご協力頂きありがとうございました
投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
ふーたちゃん&そーたちゃんの素敵なコレクション                           2018.2.13
一昨年から毎月手作りカレンダーとポストカードを
届けてくれるオーナー様がいらっしゃいます。

毎月変わるカレンダーは、今や待合掲示物の名物になっています

こんなにたくさんのカレンダーコレクションができました。
もっともっとたくさんあります



   そして今月はこんなかわいい物が同封されていました


      VRセンターに通院していたふーたちゃんと
      仲良し同居犬そーたちゃんの写真入り
      チロルチョコでした
      あまりにもかわいかったので思わず写真を
      
      先生も『かわいすぎて食べれない。。。』と
      机の上に大事に飾っています。

VRセンターにご来院された際は、待合の掲示板をご覧ください
お母さんお手製のカレンダーとポストカードを毎月更新しています。

カレンダーとポストカードに添えられたお母さんのつぶやきも必見です


           2月のカレンダーはこちら

投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
院内セミナー "整形外科セミナー"                                     2018.2.8
今回は、1/25に開催した院内セミナーについて戸次先生がレポートします

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

整形外科の戸次です。

VRセンターでは、獣医師および動物看護師の知識や技術向上などを目的に、
様々な講師をお招きし、スタッフ向けのセミナーを開催しています。

今回は、整形外科に関連するセミナーとして、森淳和先生
DVMsどうぶつ医療センター横浜/ONE for Animals)にお越しいただき、
講演していただきました。

森先生は、我々と同じく二次診療施設で整形外科を担当されており、
遺伝病に関しても研究されている先生です(日本動物遺伝病ネットワーク)。

講演は、二部に分けて行われました。

 
一部は、
     『犬の遺伝性整形外科疾患について〜股関節形成不全を中心に〜』という演題でした。


内容は、股関節形成不全という疾患を例にして、診断方法、
病変のスコアリング、個体情報や家系情報などを用いて、
交配を管理することで罹患率を減少させるということでした。

驚いたのは、家系をコントロールすることで、短期間で
股関節形成不全の罹患率が激減した事実でした。
病気の予防に関する、新たな考え方を得ることができました。


 二部では、
     『整形外科疾患におけるNSAIDsの使い方』と題して、ご講演いただきました。

NSAIDsとは、非ステロイド性消炎鎮痛剤のことで、俗に言う“痛み止め”です。
それをどのように投与すれば、より有効性が高まり、患者家族が
満足するのかを提案いただきました。

また、原因がわからないまま使用する“とりあえず痛み止めを飲みましょう”の結果、
治療時期を逃した症例を解説いただき、確定診断の重要性を伝えていただきました。



これらを日々の診療に役立て、患者動物をサポートするスタッフの一人として、
頑張っていこうと思います。

投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
 
2