ネオベッツVRセンター(MRI・CT完備)|大阪の動物病院
HOME>BLOG

BLOG

待合室 動物看護師紹介コーナーのお知らせ☆☆彡                      2021.6.8
先日、待合に掲示している動物看護師紹介コーナーを
リニューアルしました

今年から動物看護師の人数が25名に増えました。
今迄の動物看護師紹介コーナーでは手狭になり
広いスペースを設けることにしました


                        Before:テレビ下の少スペースでした



           After:テレビ左側スペースへ引越し






動物看護師全員、写真とひと言コメントカードを付けて紹介しています。
家族動物がいるスタッフは動物の紹介もしています。

家族動物は、バラエティーにとんでおり
犬、猫を飼っているスタッフが多いですが
うさぎやチンチラ、トカゲ、ヘビ、カエルなどなど
様々な動物を飼っています

かわいい写真をたくさん掲示しています

現在、新型コロナウィルス感染症対策の為
お車でお越しの方は、お車で待ち時間を過ごして頂いており
待合で過ごしていただける時間が少なくなっておりますが・・・
通りすがりにチラッとご覧ください。

VRセンターの待合プチ情報をお伝えしました~
投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
VNブログ 【家族動物紹介】                                        2021.5.30
こんにちは
動物看護師の伊東です

今回は最近我が家の一員になった
新入りくんを紹介したいと思います

 
               カツオくん ♂
            (カツオのぬいぐるみで遊んでます)


捨て猫だったこの子を縁あって引き取ることになりました
年齢は恐らく2~3ヶ月程で体重はまだ525gしかありません。

保護直後は目ヤニでほとんど開いてなかった目も1日3回の目薬で、
今ではぱっちり開いてくれています
食事は既にドライフードをもりもり食べております

子猫を飼い始めるにあたり、まずは生活に必要な
トイレやごはん、ケージ、ベット、おもちゃなどを買い揃えたり、
病院のスタッフから譲って頂いて準備万全だったのですが、
用意していたベットをなかなか使ってくれず、
今の寝床は我が家の収納スペースの隙間です



ゴルフバッグとキャリーケースの間で熟睡しているカツオくんです
やはり猫は狭いところが好きなようですね

私は動物看護師として働き始めて3年目ですが、
子猫の育て方についてまだまだ知らないことが多いと実感し
専門学校時代の教材を引っ張り出したり、ネットで検索したりと勉強中です



  

カツオくんと暮らし始めて、改めて動物が人に与えてくれる
癒しにはすごいパワーがあるんだなと思いました

カツオくんが家へ来てまだ日が浅いですが、既に大切な家族の一員です。
病院へ来院される患者さん達もオーナー様にとって
大切な家族の一員であることを意識し、より良い看護を
提供できるようこれからも頑張って行こうと思います
投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
山口先生紹介                                                  2021.5.17
今回は、総合診療科の山口先生を紹介します。

山口先生は、一次診療の病院で勤務後
北海道大学の動物医療センターで
検査麻酔や手術麻酔を学んでVRセンターへ来ました

先生へ質問をしてみました

なぜVRセンターで勤務しようと思ったのですか

専門性を高められる職場を探していた時
宇根センター長と話をする機会があり
“ VRセンター以上の職場はない ”と感じたそうです

生まれ育った大阪、獣医師としても成長させてくれた大阪で
勤務したかった・・・と大阪愛に溢れている先生です




麻酔に関して特に興味をもっている理由を聞いてみました

手術が、患者さんの今後に与える影響力が大きいと感じていた頃
重症患者さんの手術で麻酔管理を任される機会がありました。
必死に勉強して臨み、手術が成功して、元気になって退院した時、
チームとしての喜びと自分のやるべき役割を認識し、
麻酔集中治療に対興味が深まっていきました。


北海道大学ではどんなことを学んでいましたか
ひと言で一日中麻酔

朝出勤すると
麻酔器の立ち上げ、前日に考えた麻酔薬の用意
日中は
検査や手術の麻酔管理
夕方から
当日の反省会、翌日の患者さんのディスカッション

勤務時間外など空き時間は
麻酔科で呼吸生理学や循環生理学の勉強会

まさに麻酔どっぷりの日々を過ごしていたそうです。


VRセンターで勤務して半年以上が経ち、VRセンターの印象は

麻酔に関わる動物病院としては、大学病院に引けを取らないくらい
機器や薬剤が揃っており、診療数も多いと感じています。


先生のお家の猫も紹介してもらいました

                まいちゃん 10才

                    カメラが趣味の先生撮影の1枚です

もともと保護猫で、出会った頃は警戒して全く顔を見せて
くれなかったそうですが・・・
今では、玄関でお出迎えをして『お腹を撫でて~』と
せがんでくるほど仲良しに

ツンデレでかわいいそうです


お休みの日は何をしていますか

焙煎したてのコーヒー豆を購入して、毎回豆を挽いて
おいしいコーヒーを淹れているそうです
エスプレッソマシーンでカフェラテを淹れることも

       ラテアートの腕前がお見事


お天気のいい日は、おいしいコーヒー屋さんまで
ドライブをするそうです

最近は、お家時間も楽しめるようにベランダを改造して
日向ぼっこスペースを作ったりも・・・
おいしいコーヒーとあったかベランダ
そしてツンデレな猫のまいちゃん
素敵なお家時間を過ごしている先生です


診療中は、総合診療科として、幅広く診療を行いつつ
麻酔管理として他の先生から声が掛かることも多々あります。




麻酔管理をする上で大事にしていることは

それぞれの患者さんから出来るだけ多くの情報を得て
生じうるリスクやトラブルを予測し、予防できる事は予防を
麻酔中に生じたことに関しては、早期に治療する
より安全な検査や手術が提供できるよう
目的に合った麻酔管理を正確に選択しています。

現在は、自身が主体となって考える事や、外科の先生方と
ディスカッションする機会も多く、日々やりがいを感じていると話す
山口先生を紹介しました
投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
病院前駐車場 工事中のご案内 その②                                 2021.5.11
ゴールデンウィークも終わりましたね。。。

この数週間の間に、VRセンター前駐車場の工事が進み
病院前駐車場の雰囲気が変わりましたのでお知らせします


先日までは、全面ご利用いただけなかったのですが
半分は駐車可能となりました


    病院入口も分かりやすくなりました
    病院は正面奥の建物1階です


     残り半分は工事真っ只中です



隣接している臨時駐車場と病院前マンション下の駐車場も
ご利用頂けますので、ひとまず病院前迄お越しください


病院前にいる警備員さんが利用可能な駐車場をご案内しております。
満車の場合は、コインパーキングご案内となりますのでご了承ください
警備員さんがコインパーキングのマップをお渡ししております。
駐車料金は一部負担しております。


  かなり大がかりな工事をしている事もあります
 

大阪ペピイ動物専門学校様の校舎がどの様に広がるのか
駐車場のご案内をしつつ、約1年計画の工事を
時々レポートしています   
投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
VNブログ 【家族動物紹介】                                       2021.4.25
こんにちは。動物看護師の黒川です。

コロナウイルスがなかなか終息せず気が滅入りますが、
本格的に暖かくなってきて少し気分が和らぎますね

今回は私の家族動物の紹介をします。。。

十姉妹(じゅうしまつ)の、
桜庭・アマテラス・メイリアちゃんこと桜庭さんです。



十姉妹とはスズメ目の鳥さんで、姉妹のように
とても仲良くできることから名づけられたそうです。
鳴き声は朝にピッタリのまさにさえずりといった鳴き声です。


桜庭さんとの出会いは私が専門学生の頃でした
鳥類の授業を教えてくださっていた獣医師の先生からいただきました。
ひたすら長い名づけの由来ですが・・・

「人生で一緒に暮らせる動物の頭数は限られている
でも付けたい名前がたくさんあってどれも捨てがたい
全部付けるしかない

という私の気持ちから、付けたい名前を全部付けました


我が家の桜庭さんはいわゆる「手乗り」の鳥さんでないため、
基本的に触られたりするのは苦手です

わんちゃんを飼ったことのある私としては、
触れ合えないことが寂しいと感じることもありました

しかし、お世話をしていくうちに手を怖がらなくなっていき、
私が清掃や食事のセッティングのためにケージに
手を入れても気にしなくなりました。
しかし私以外の家族だと、ケージの端に逃げてしまい
かなり警戒することから、桜庭さんは私のことを認識している
と嬉しくなりました

また、触れ合いがなくても桜庭さんの日常を見ていると、
桜庭さんの考えや気持ちが伝わり、とても癒されます。


     桜庭さんの日常ショットをご覧ください
     (拡大して撮ってますので少し画質荒いです)
  
 
  青菜を日傘にする桜庭さん
  葉のしなりを生かしています。眩しかったのでしょうか。



     お皿に新聞紙をふわふわに入れて
     休憩所として使ってもらおうとしましたが、
     全部払い落して直に座り込む桜庭さん
     冷たい所に座りたかったのでしょうね、
     ふわふわは私のお節介だったようです。


桜庭さんのように、入院中の患者さんたちにも
元気付けてもらったり癒しをもらっています

大きな手術を乗り越えて元気になってくれる姿、
怖がりさんが甘えん坊さんになってくれる姿など・・・
まさに動物看護師としてのやりがいを感じる瞬間です。

これからも患者さんの小さなサインに目を配り、
たくさんのコミュニケーションを取って、
オンリーワンの看護を行えるように頑張っていきます
投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
 
2