ネオベッツVRセンター(MRI・CT完備)|大阪の動物病院
HOME>BLOG

BLOG

VRセンターに過酸化水素ガス滅菌器が入りました                         2017.7.13
VRセンターでは、日々多くの手術が行なわれます。

その手術準備を行う上で欠かせないのが、
使用する手術器具・器材の“滅菌”です。

私たちが生活している日常空間は、良いもの・悪いものに関わらず、
細菌など微生物だらけです

しかし、皮膚を1枚はさんだ動物の体の中は、“無菌”状態であり、
そこに細菌やウイルスが侵入すると“感染”が起こります


手術では頑丈なバリアとなっている皮膚を切開し、
お腹の中や筋肉・骨、場合によっては脳までを触るため、
微生物による汚染を防がなくてはなりません。

そのため、使用する器具も無菌状態にするための
“滅菌:病原体・非病原体を問わず、すべての微生物を
死滅、または除去すること”が必要となります。

“滅菌”の方法は
○ 熱・蒸気による滅菌
○ 放射線や紫外線による滅菌
○ 薬品による滅菌
など様々で、各手術器材の材質などによって
その方法が選択されます。

今回は先日VRセンターに新たに導入された新しい“滅菌器”を紹介します

 『過酸化水素ガス滅菌器』  elk ES-700


過酸化水素ガスを使用した新しいタイプの滅菌器です

過酸化水素が分子レベルまでガス化し、細菌などの
微生物を瞬間的に殺滅します。

薬品・ガスによる滅菌法の一つですが、
過酸化水素は水と酸素に分解されるので、これまでの
薬品を使用した滅菌法とは異なり、ヒトや動物の体、
環境に優しいことが大きな特徴です


また、低温での殺菌が可能となりますので、熱に弱い
ゴムなどの材質や、精密な電子機器についても有効な
滅菌法となります。

どのように滅菌をしているのか整形外科の器具でご紹介します
   手術で使用した器具を洗浄


  器具を滅菌パックに入れ、シーラー(下記シルバーの機器)を通し封をします





   滅菌器の中へ。滅菌器の中はほんのり温かいです
  

  滅菌完了。滅菌パックの青印が黄印に変わったら
  


滅菌処理時間は約1時間
短時間で滅菌処理が行えます。
滅菌処理時間の関係で1日に1件しか行えなかった手術が
複数件行えるようになりました

投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
献血 ご協力ありがとうございました                                     2017.7.4
先月末、3頭のワンちゃんが献血に協力してくれました。



ジャーマンシェパードの ”リディアちゃん”
ボーダーコリーの ”クロスくん”
ゴールデンレトリバーの ”きなこちゃん”

限られたお時間でのお願いにも関わらず、ご都合をつけて
来ていただきありがとうございました。

6月は献血ドナーのワンちゃんが4頭卒業しました。
VRセンターでは9才が卒業の年齢となっています。

ドナーのワンちゃん少なくなるな・・・・と思っていたら
整形外科を受診している患者さんが『ドナー登録しますよ』と
おっしゃってくれました。
待合の献血ボードニリューアル効果かな
うれしくなりました

現在、梅雨真っ只中の大阪
7月に入り暑さがましていますね。
これから益々暑くなるので、熱中症には気をつけてください。
動物たちも私たち飼い主たちも
投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
献血ドナー紹介ボード☆リニューアル                                   17.6.24
とうとう近畿地方も梅雨入りし、
動物たちにとってもお散歩に行けない嫌な季節が
きてしまいましたね

そんな時、VRセンターで入院中の子たちは、
診察室で自由に動けるようにしてあげたり、
病院内をリードをつけてうろうろして、
少しですがお散歩の代わりとしています

おうちで飼われているわんちゃんたちにも、
自由に動けるスペースを広げてあげたり、
遊ぶ時間を増やしてあげると、気分転換に
なるかもしれません
   
   △モデル猫:アイル(スタッフ家族)

================

さて、VRセンターでは、長時間の大きな手術に臨むわんちゃんや、
貧血状態のわんちゃんに輸血が必要となる事がたびたびあります

必要となった時には、ドナーの方にご連絡し、ご協力をお願いします。
ドナーの方の中には県外から駆けつけて下さる方もいて、
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

VRセンターの受付には、献血にご協力いただいている
ドナーのわんちゃんたちをご紹介しているボード
があります

そちらを今回、リニューアルしてみました

       
        before▲
       ≪頑丈に!そしてスッキリとしました

       
          after▲ 

初めてご来院された飼い主さんがこちらのボードをみて、
「犬にも献血ってあるんや~
と気づいてもらえたり、興味をもってもらえれば嬉しいです
さらに、これをきっかけに、「ドナー登録をしてもいいょ
と言っていただけた時には、このボードを作ってよかったなぁ
と思います

少しでも多くのご来院される方の目に留まればいいなと
受付の正面に飾っております
投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
玉造街紹介♪ ~大阪城編~                                        2017.6.21
今回は、VRセンターがある街をご紹介します。
案内役はスタッフのお家の猫ピケチです



VRセンターは大阪市内にあります

公共交通機関、JR環状線の玉造駅から歩いて約3分
地下鉄長堀鶴見緑地線の玉造駅からも歩いて約5分の
ところにあります

病院前の道路は北向き一方通行で道路が狭く
導入路が分かりづらいです。
また、駐車場が少ないので、お車以外での
ご来院をおすすめします。

お車で来られる際の目印をお伝えします
阪神高速 “法円坂” を下りて右折 または
阪神高速 “森ノ宮” を下りて左折 → 上町筋に入り →
“上本町1” の交差点を左折 → 長堀通りを直進していると
下記の光景がみえてきます。

目印は大通り“玉造筋”と交差する所にある銀行です
左手に “三井住友銀行” 右手に ”三菱東京UFJ銀行” が
見えてきたら、さらに直進してください


前方に“JR環状線の玉造駅”の高架が見えてきます。
高架をくぐってください。


次が難所です
左手に “ローソン” が見えてきます。
その隣の “わかばやし整形外科クリニック” を左折してください。
少し細い一方通行の道です。


まっすぐ180m程直進すると、左手にVRセンターが見えてきます。
分かりにくい場合はお電話してください ご案内致します。

こちらが、VRセンター周辺マップです。
赤い矢印が法円坂からVRセンターまでのルートです。



ここからは、病院周辺のメジャースポットをご紹介したいと思います。
まずは有名所から・・・やはり『大阪城
VRセンターから徒歩で10分程のところにあります。
大阪城の敷地はかなり広大なので、天守閣までは
もう少しかかりますが・・・・


お城の周囲は大きな公園となっています。
お散歩するにも気持ちがいい まさに都会のオアシス

 その一角に新スポット『JO-TERRACE OSAKA(ジョーテラス 大阪)』が
 まもなく、6/22(木)にオープンします



  現在はまだ囲いがされており、工事の最終段階という感じです。


       飲食店が中心に約20店舗のお店が並びます。
     

     テラス席も多く、オープンな空間となるようなので
     大阪城公園の緑を感じながら、きっと心地よい時間が
     過せますよ機会があれば行ってみてください

 
投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
5/27開催 VRCグランドカンファレンス                                2017.6.13
VRセンターでは毎月、第4木曜日の夜
“VRCグランドカンファレンス”を開催しています。

VRセンターの先生が講師を務め、様々なテーマで
関西の動物病院の先生方と共に勉強会を行っています。

先月のVRCグランドカンファレンスは特別企画
5/27(土)、ベーリンガーインゲルハイム
ベトメディカルジャパン㈱様との共催で
福岡のペットクリニック ハレルヤの総院長 平川  篤先生
(獣医循環器認定医)をお招きし開催しました。



テーマは『犬の心疾患における新たな知見とこれからの臨床応用』

86名の先生方にご参加頂き大盛況のカンファレンスとなりました



参加していた望月先生にどんなカンファレンスだったか
聞いてみました

今回のVRCグランドカンファレンスではペットクリニックハレルヤの
総院長でいらっしゃいます
平川 篤先生をお招きし、最近報告された
「無徴候だが心拡大のある慢性房室弁疾患に対する
ピモベンダンの効果:EPIC試験」
という研究についてご解説いただいた上で、犬の心疾患に
対する
実際の治療についてご講演いただきました。

ここでいう慢性房室弁疾患とは、日本では一般的に
僧帽弁逆流症(MRあるいは
僧帽弁閉鎖不全症(MI
呼ばれることが多い、犬で最も多い後天性の心疾患のことです。


僧帽弁とは
左心房と左心室を分ける心臓の弁で、
心臓の中の血液の流れを一方通行にする役割があります。

この弁に粘液腫様変性という変化が起きると
弁が厚くなり、弁を固定している腱索という強い糸のような
構造物が伸びたり、切れてしまったりします。

すると
僧帽弁をうまく閉じることができなくなり、心臓の中の
血液が逆流し、血液を全身にスムーズに
送り出すことが
できなくなります。

病気が進行すると
●肺に水が貯まったり(肺水腫)
●疲れやすくなる
(運動不耐性)
などの徴候が現れ、この状態をうっ血性心不全と呼びます。


犬のうっ血性心不全はその重症度で次のようなステージに
分類されています

下に行くほどステージが進行する、つまり病気が
重くなることになります。
心拡大とは心疾患の進行に伴い心臓が大きくなることです。


ステージA   : 心疾患のリスクがある。心臓の構造に異常はない。
ステージB1 : 心疾患はあるが心拡大はない。
ステージB2  : 心疾患があり心拡大もある。
ステージC    : うっ血性心不全の徴候が現在ある、あるいは過去にあった。
ステージD    : 薬による治療で改善しない難治性のうっ血性心不全。
(犬のうっ血性心不全分類に関するACVIMの統一見解より)


 写真① 正常な犬の胸部レントゲン:心拡大は認められない


 写真② 僧帽弁閉鎖不全症(ステージB2)の
       犬の胸部レントゲン:顕著な心拡大を認める


ピモベンダンは
●心臓の収縮力を上げる作用
●血管を拡張させる作用
 がある心疾患治療薬です。

これまでの研究では、ステージCの犬にピモベンダンを投与すると
生存期間が延長することが
報告されていましたが、ステージB2
犬に対する効果はわかっていませんでした。


今回平川先生に御解説いただいた
EPIC試験とは
ステージB2の犬に対するピモベンダンの
効果を検討したもので、
非常に科学的信頼性の高い研究です。

このEPIC試験により、ステージB2の犬にピモベンダンを投与すると、
投与しなかった犬に比べ、
うっ血性心不全に至るまでの期間
(ステージ
C以上に進行するまでの期間)
もしくは心疾患が
原因で亡くなってしまうまでの期間が約15ヶ月間
延長することが明らかになりました。

この研究結果から
ステージB2の僧帽弁閉鎖不全症の犬に対して、
ピモベンダンの内服を
開始する
という新たな選択肢が
増えたことになります。


講演の後半では、
平川先生が実際に治療された症例を提示していただき、
僧帽弁閉鎖不全症の
犬の具体的な治療方法について
ご解説頂きました。


平川先生はご講演の中で、
僧帽弁閉鎖不全症と診断したら
●心拡大があるかレントゲン検査と
超音波検査で
  正確に評価する必要がある
●病気の進行具合を評価するためには定期検診

 (可能であれば3ヶ月に1度、少なくとも半年に1度程度)が
重要であることを強調されていました。


このブログを読まれている方の中にも、主治医の先生に
すでに愛犬が心疾患をもっていることを
指摘されている方も
いらっしゃるかと思います。

「うちの子は元気だからまだ治療しなくても大丈夫」と
思い込まずに、検査や治療の必要性について
主治医の
先生にご相談されてみてはいかがでしょうか。

投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
         
20