ネオベッツVRセンター(MRI・CT完備)|大阪の動物病院
HOME>BLOG

BLOG

ネオベッツセミナー‟僧帽弁閉鎖不全症"                                2018.5.14
今回は、先日開催したネオベッツセミナーについて藤井先生がレポートします

□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□━□


こんにちは。
獣医師の藤井愛里です。

先日、当センターで「JASMINE動物循環器センター」の髙野先生を
お招きし、ネオベッツ
セミナーを開催しました。

JASMINE動物循環器センターは最先端の循環器治療で世界的に
注目されている施設です


本セミナーの演題は
  『僧帽弁閉鎖不全症の診断&治療アップデート
    ~変わる内科治療内科治療る内科治療&外科治療の実際~』 であり、

循環器の基本的な知識から、様々な研究データをもとにした最新の内科治療や
外科治療について、非常に貴重な講演をして頂いたので、その内容の一部を
ご紹介させて頂きます。

「僧帽弁閉鎖不全症」という病気を耳にしたことがある方は少なくないかと思います。
 僧帽弁閉鎖不全症は
   犬において最も一般的な心臓の病気の一つで、
   そのほとんどが加齢とともに数年かけて進行します。
   この病気は、適切な治療介入によって、生活の質を
   上げることができますが、治療
介入時期やお薬の種類について
   様々な意見があります。

従来では、
       トリプルセラピー
     
ピモベンダン ・ フロセミド ・ ACEi3種類のお薬を使うのが一般的でした
髙野先生のお話では、
    ダブルセラピー
     
ピモベンダン ・ フロセミド2種類のお薬でいいのではないかとのこと

ピモベンダンの治療開始時期については、
       現在は無徴候で心拡大が認められない
       早期StageB1からの内服開始は現時点では推奨されておらず、

       心拡大が進行した
       無徴候の僧帽弁閉鎖不全症StageB2後半)からの内服開始によって、
       有意に肺水腫や心臓死までの期間を延長させたというデータをご紹介頂きました。

このことから、咳などの症状が出る前から定期的に心臓のエコー検査を
行うことの必要性が高まってきているように思われます。


次に、従来動物医療ではあまり実施されてこなかった
僧帽弁閉鎖不全症の外科手術も
ご紹介頂きました。

外科手術の方法とは、
     一旦心臓を停めて人工心肺装置に接続し、その間に心臓の弁を
        形成するというものです。
     難度の高い手術になりますが、JASMIN動物医療センターでは、
        その治療
成績も向上しており、僧帽弁閉鎖不全症の治療として
        選択肢に挙げられるようになって
きています。

僧帽弁閉鎖不全症は昔からある病気ですが、新しいお薬の使い方や
外科手術という新しい選択肢ができてきていると実感できたセミナーでした。

投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
田戸先生 海外学会報告(VSSO)                                      2018.5.8
今回は、腫瘍科の田戸先生が先月参加したハワイの学会についてお伝えします

*========*========*=======*=======*=======*=======*========*

腫瘍科の田戸です。
4月にハワイのマウイ島で開催された獣医腫瘍外科の学会に参加してきました

2年毎に開催されるVSSOという学会で、前回はカリフォルニアのナパで
開催されていましたが、今年はより近くなった為か日本から参加の先生が
増えていたようです。



          ウェルカムドリンクパーティーの様子

           学会の開始はフラダンスからです



今回のVSSO4(Ⅳ)回目という事でテーマは4つに分かれていました。
 ◆ InvasIVe(侵襲的)
 ◆ ReconstructIVe(再建)
 ◆ RadioactIVe(放射性同位体)
 ◆ DisruptIVe(突破口)

どこまで出来るか
どのように手術(再建)をするのか
診断の精度をあげるにはどうすればよいのか
4の治療法にはどのようなものがあるのかを
様々な先生が話すのですが、獣医師だけではなく医師も招聘して、
より拡がりをもった議論をしていたのが印象的でした。


医師資格と獣医師資格の両方を持っている人がいたり、
獣医師が人の医学研究所で研究していたりと、
治療対象という垣根を超えてオープンに協力しあっている点は
アメリカの素晴らしい点だと思います。
日本もいつの日かそのようになる事を願って止みません。



外科学会ですが、手術の話をするというよりは手術の限界をどのように超えるか
という点が、最も熱意をもって話されていました。




今回のVSSOも世界を代表する腫瘍外科の獣医師が一堂に集まる
エキサイティングな学会でした。

病院の診療や手術を休んでいた身分で申し訳なかったのですが、
1日だけ観光もしてきました。


今回の会場になったマウイ島は日本人の観光客もほとんどおらず、
観光地らしさはありませんでしたが、小さい島であるにもかかわらず
自然は雄大です。


上の写真は島の最高峰のハレアカラ山です
低く見えますが3000メートルを超えています。
車で山頂まで行けるのでレンタカーで行ってきました


山頂についた時には周りは一面の雲で、何も見えなかったので
特に感想はありません。


日本に帰ってくると日本が一番落ち着くのですが、
海外のトップランナーと話しているとやはり刺激を受けます。

海外が必ずしも進んでいるわけではなく、日本の方が症例数が
多いものもあり、そういったものもアピールすることで、より動物たちの
受けられる医療が発展することを心から期待しています。

投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
入院患者さん通信~スキンシップタイム~                                 2018.5.1
『触ってもらうことが大好きなネコちゃんが入院室にいるよ
と院内で噂になっていたので、早速カメラ持参で入院室へ・・・

 噂のネコちゃんはベンガルのベニちゃん


膝蓋骨脱臼の整復手術を受けた後
お家で安静に過ごせるか心配。。。。とのオーナーさんの想いから
長めの入院生活を送っているベニちゃんです。


        スタッフがお部屋に近づくと、気配を感じて
        早速ベッドから出てきました


         お部屋の前まで行くと・・・・
  

        触ってほしくてたまらないベニちゃんの
       触って触ってコールが
  

入院中は、注射や傷口のチェックなど
ワンちゃん、ネコちゃんにとって苦手なことも多くありますが
楽しいこともあります。それは “スキンシップタイム” 

ベニちゃんは、触ってもらうことが大好き
飼い主さんの代わりにスタッフとスキンシップをはかっています。


お部屋の扉が開いて 来ましたースキンシップタイム

   





    

                            たっぷりスタッフが触ると、うっとり。この表情


入院中は、お部屋の中で安静に過ごしている時間が長いですが、
その合間にスタッフと触れ合うことで
ストレス解消してくれていたらいいな・・・と思っています。
    

満たされた後のベニちゃんは、ベッドに戻って毛繕い


  痛くない楽しいことばかりだったらいいのにね
投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
献血 ご協力ありがとうございました                                    2018.4.24
先日3頭のワンちゃんが献血に協力してくれました。


        お父さんがドッグトレーナーさんなので
        とてもお利口さんなクロスくん。
        来院時は、受付にも顔を出してご挨拶してくれます



        真っ白ふかふかのリルくん。
        診察室での写真撮影タイムもかわいい表情を
        たくさん振りまいてくれました



        兄弟揃って度々献血の協力をしてくれるリリーちゃん
        急なお願いでしたが、駆けつけていただき
        とても助かりました


最近、輸血を必要とする患者様が多く、今月はたくさんのワンちゃんに
ご協力いただきました。いつもありがとうございます。
今後もご協力宜しくお願いします
投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
田中先生紹介                                                2018.4.12
今回は、VRセンターの一員になって1年が経った
田中雄三先生を紹介します。

入院患者さんとお散歩しているリラックスモードの先生
メガネを外すと松坂桃李に似ています


酪農学園大学卒業後、新卒で入社した田中先生。
どんな大学時代だったか聞いてみると、勉強以外では
部活や幹事会で運営や企画を担当したり・・・
北海道周遊の旅に出たり・・・

北海道は外周だけで5~6周したそうです

そんな先生に少し質問してみました

VRセンターに就職を決めたのは?
 『各専門分野に特化して診療を行っている獣医師の
  診療スタイルが興味深かったから!』


 将来専門分野を持ちたいと考えている先生が
      今1番興味を持っていることは?
  『腫瘍の認定医2種の取得』
   診療に携わる中で、治療方針が多岐にわたる
    腫瘍科に興味が湧いてきたそうです。

今年は、診断技術から治療までを習得する目標を持ち
現在は、腫瘍科や総合診療科の先生に付き
日々奮闘中です

この日も腫瘍科の田戸先生に付いてCT撮影や
生検を行っていました。



二次診療施設だからこそ経験できる、CTやMRIなど最新鋭の機器に触れ
病状に対し多くの情報を得ることができる検査に携わっています。



VRセンターに新卒で入社した先生は
1年間あらゆることを経験します。

例えば・・・・
他のスタッフの業務内容を知っておくことも大切
と言う事で、動物看護師や受付スタッフの業務も

      冬には大阪市獣医師会の症例検討会で発表


発表迄の数ヶ月は、発表内容について
センター長、先輩獣医師と毎週ディスカッションを行い
「左鎖骨下動脈の起始異常を伴う右大動脈弓遺残の犬の1例」について
症例発表を行いました。

他にも、1年間VRセンターが企画している獣医師教育プログラム
『NVRCトレーニングコース』に参加し、他の動物病院の
先生方と共に1年間講義や実習受け、切磋琢磨し合っていました。

他のスタッフからはマジメで気が利くと評判の田中先生
様々な経験を積んでいる真っ只中の先生。今後に期待大です

診療から離れると・・
ひとりカラオケをする田中先生
大学時代ボイストレーニングで鍛えた先生の得意なナンバーは
「久保田利伸のLA・LA・LA LOVE SONG」らしいです
投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
     
4