ネオベッツVRセンター(MRI・CT完備)|大阪の動物病院
HOME>BLOG

BLOG

受付スタッフ紹介 パート①                                        2021.6.23
今回は、VRセンター受付スタッフを紹介します

開院当初は、動物看護師が受付業務も行っており
受付スタッフはおりませんでした。

スタッフの数も徐々に増え、現在は月約900件の患者さんに
ご来院頂く様になり、受付スタッフも4人となりました

それでは早速スタッフ紹介をします。
今回はパート


竹内
高温多湿に弱い、最年長竹内です。

現在、我が家に動物はいません。
今年2月末に、18才3ヶ月の大往生で最後の仔がなくなりました。
当センター前身の病院に2002年、たくさん遺棄された仔猫の中の1匹でした。

家族に内緒で(連れて帰ってしまえば、こっちのもの)
リポビタンDの箱に入れて連れて帰りました

ご飯を食べながら寝る→起こす→寝る→起こす→寝る→起こす・・・
手のりサイズ。
との初めての生活でした

走り回って、カーテンによじ登ったり(ひっかかって降りられなくなる)
椅子を爪とぎにしてみたり(いろいろ買ってもダメでした)
小粒のドライフードが好きじゃなかったり(大粒をかじって、かけらはしぶしぶ)
かつおぶしが好きだったり(ちょびっとだけ)
蛇口から直接、水を飲みたがったり(お皿は入れ替えた直後のみ)
クリアファイルを咬んで、きれいな模様を作ってくれたり(触ると痛いのがたまにキズ)
便秘すぎて吐いてしまったり(フードをかえたら順調順調)
こたつの中で伸びていたり(出てればいいのに)

ツンデレさんで、病院嫌いのでした・・・

ホームドクターではない当センターに、喜んで来院されるは少ないと思います。
そんなみんなにとって、〇がひとつでも増えるよう日々精進していきます
すべては出会い
出会いがあればまた、と暮らしたいなぁ。
                                    

。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°。°+°。°+ °。°+ ° 。°+°。°+

髙橋
こんにちは。高橋です。
VRセンターの受付を担当してかなり長い年月が経ちました。

待合室や入院室で多くの患者さんから癒しや、
大変な状態でも頑張っている姿、
オーナー様と患者さんの再会時の歓喜の瞬間など、
様々なシーンに遭遇し、動物の存在の大きさを日々感じています。


私自身は、ピケチ (6才) 男の子と一緒に暮らしています
好きな事は、食べることと私の耳たぶを吸う事。

 
  
ご飯があれば、お座りとお手、おかわり、「ゴロンは?」の声掛けで
床の上で転がってお腹を見せてくれます。
夜、寝る前には必ず私の耳たぶを吸い眠りにつきます

   

気分屋なので気が向かないとすぐに噛む困ったくんですが、
かわいい一面が上回っているのでいつも許してしまいます

噛まれないよう防御策をいろいろ試した結果、
最近はうちわであおぐ事が効果的大と発見し、
我が家はあちこちにうちわを置いています


受付者として、オーナー様が抱いている心配事を
先生や動物看護師へ確実にお伝えし、スムーズな
受付対応を行っていけるよう心掛けています。

行き慣れた主治医様と違い、初めての来院で
ご不安もあるかと思います。
何かございましたら、ご遠慮なくおっしゃってください

次回パートへ続く。。。。
投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
献血 ご協力ありがとうございました                                  2021.6.14
今年の梅雨入りは異例の早さでしたね
大雨が降ったり、お天気が続いたり、シトシトした雨が降る梅雨とは
異なる日々となっていますね。。。

梅雨の季節の気分も晴れやかにしてくれる写真を
献血に協力してくれたワンちゃんが撮影させてくれましたのでご紹介します


                メリーちゃん

 
                        ビースケちゃん

               
                 マーティちゃん



今回はマーティちゃんが新規登録をしてくれました
今年は、8才を迎える大型犬の献血ドナーさんが多数います。
大型犬は8才で卒業となる為、ドナー卒業を迎えるワンちゃんが
多い年となっています。
新規登録をしていただきとても助かります

今後もご協力よろしくお願いします
投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
待合室 動物看護師紹介コーナーのお知らせ☆☆彡                      2021.6.8
先日、待合に掲示している動物看護師紹介コーナーを
リニューアルしました

今年から動物看護師の人数が25名に増えました。
今迄の動物看護師紹介コーナーでは手狭になり
広いスペースを設けることにしました


                        Before:テレビ下の少スペースでした



           After:テレビ左側スペースへ引越し






動物看護師全員、写真とひと言コメントカードを付けて紹介しています。
家族動物がいるスタッフは動物の紹介もしています。

家族動物は、バラエティーにとんでおり
犬、猫を飼っているスタッフが多いですが
うさぎやチンチラ、トカゲ、ヘビ、カエルなどなど
様々な動物を飼っています

かわいい写真をたくさん掲示しています

現在、新型コロナウィルス感染症対策の為
お車でお越しの方は、お車で待ち時間を過ごして頂いており
待合で過ごしていただける時間が少なくなっておりますが・・・
通りすがりにチラッとご覧ください。

VRセンターの待合プチ情報をお伝えしました~
投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
VNブログ 【家族動物紹介】                                        2021.5.30
こんにちは
動物看護師の伊東です

今回は最近我が家の一員になった
新入りくんを紹介したいと思います

 
               カツオくん ♂
            (カツオのぬいぐるみで遊んでます)


捨て猫だったこの子を縁あって引き取ることになりました
年齢は恐らく2~3ヶ月程で体重はまだ525gしかありません。

保護直後は目ヤニでほとんど開いてなかった目も1日3回の目薬で、
今ではぱっちり開いてくれています
食事は既にドライフードをもりもり食べております

子猫を飼い始めるにあたり、まずは生活に必要な
トイレやごはん、ケージ、ベット、おもちゃなどを買い揃えたり、
病院のスタッフから譲って頂いて準備万全だったのですが、
用意していたベットをなかなか使ってくれず、
今の寝床は我が家の収納スペースの隙間です



ゴルフバッグとキャリーケースの間で熟睡しているカツオくんです
やはり猫は狭いところが好きなようですね

私は動物看護師として働き始めて3年目ですが、
子猫の育て方についてまだまだ知らないことが多いと実感し
専門学校時代の教材を引っ張り出したり、ネットで検索したりと勉強中です



  

カツオくんと暮らし始めて、改めて動物が人に与えてくれる
癒しにはすごいパワーがあるんだなと思いました

カツオくんが家へ来てまだ日が浅いですが、既に大切な家族の一員です。
病院へ来院される患者さん達もオーナー様にとって
大切な家族の一員であることを意識し、より良い看護を
提供できるようこれからも頑張って行こうと思います
投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
山口先生紹介                                                  2021.5.17
今回は、総合診療科の山口先生を紹介します。

山口先生は、一次診療の病院で勤務後
北海道大学の動物医療センターで
検査麻酔や手術麻酔を学んでVRセンターへ来ました

先生へ質問をしてみました

なぜVRセンターで勤務しようと思ったのですか

専門性を高められる職場を探していた時
宇根センター長と話をする機会があり
“ VRセンター以上の職場はない ”と感じたそうです

生まれ育った大阪、獣医師としても成長させてくれた大阪で
勤務したかった・・・と大阪愛に溢れている先生です




麻酔に関して特に興味をもっている理由を聞いてみました

手術が、患者さんの今後に与える影響力が大きいと感じていた頃
重症患者さんの手術で麻酔管理を任される機会がありました。
必死に勉強して臨み、手術が成功して、元気になって退院した時、
チームとしての喜びと自分のやるべき役割を認識し、
麻酔集中治療に対興味が深まっていきました。


北海道大学ではどんなことを学んでいましたか
ひと言で一日中麻酔

朝出勤すると
麻酔器の立ち上げ、前日に考えた麻酔薬の用意
日中は
検査や手術の麻酔管理
夕方から
当日の反省会、翌日の患者さんのディスカッション

勤務時間外など空き時間は
麻酔科で呼吸生理学や循環生理学の勉強会

まさに麻酔どっぷりの日々を過ごしていたそうです。


VRセンターで勤務して半年以上が経ち、VRセンターの印象は

麻酔に関わる動物病院としては、大学病院に引けを取らないくらい
機器や薬剤が揃っており、診療数も多いと感じています。


先生のお家の猫も紹介してもらいました

                まいちゃん 10才

                    カメラが趣味の先生撮影の1枚です

もともと保護猫で、出会った頃は警戒して全く顔を見せて
くれなかったそうですが・・・
今では、玄関でお出迎えをして『お腹を撫でて~』と
せがんでくるほど仲良しに

ツンデレでかわいいそうです


お休みの日は何をしていますか

焙煎したてのコーヒー豆を購入して、毎回豆を挽いて
おいしいコーヒーを淹れているそうです
エスプレッソマシーンでカフェラテを淹れることも

       ラテアートの腕前がお見事


お天気のいい日は、おいしいコーヒー屋さんまで
ドライブをするそうです

最近は、お家時間も楽しめるようにベランダを改造して
日向ぼっこスペースを作ったりも・・・
おいしいコーヒーとあったかベランダ
そしてツンデレな猫のまいちゃん
素敵なお家時間を過ごしている先生です


診療中は、総合診療科として、幅広く診療を行いつつ
麻酔管理として他の先生から声が掛かることも多々あります。




麻酔管理をする上で大事にしていることは

それぞれの患者さんから出来るだけ多くの情報を得て
生じうるリスクやトラブルを予測し、予防できる事は予防を
麻酔中に生じたことに関しては、早期に治療する
より安全な検査や手術が提供できるよう
目的に合った麻酔管理を正確に選択しています。

現在は、自身が主体となって考える事や、外科の先生方と
ディスカッションする機会も多く、日々やりがいを感じていると話す
山口先生を紹介しました
投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
     
4