ネオベッツVRセンター(MRI・CT完備)|大阪の動物病院
HOME>BLOG

BLOG

面会について                                                  2021.1.30

こんにちは
新年になり寒い日が続いておりますが体調など崩されていないでしょうか

寒い日もそうですが、いまだ新型コロナウイルスの脅威も続いています。

当センターでは新型コロナウイルス感染対策のため、
マスク・手袋の着用の義務化、定時消毒、来院者の検温など
様々な対応を実施しております。

その中の一つに入院患者様の面会の制限があります
この措置により入院中の愛犬・愛猫と面会できず、
様子を見ることができないなどご家族の皆様には
ご不安やご迷惑をお掛けしております。


しかし少しでも飼い主様の不安を和らげ、安心して頂ける様に
9
月より新たな面会を
開始しております

LINEアプリを使用し、動画又は写真で食事風景や、
入院中の様子を見ることはもちろん、ビデオ通話で
愛犬・愛猫をリアルタイムで様子を見ることができます





ご家族からは、
「電話だけで様子を聞くよりも実際に様子を見ることができて、状態が把握しやすい」

また、遠方からご来院される方やお仕事の都合で
元々面会に来ることが難しいご家族からは
「入院中〇〇ちゃんを見ることができないと思っていたので嬉しい」
などのお声を頂いております


面会制限になり、なにかできることはないかと代替案として始めたことですが、
思いのほか好評を得ることができて良かったと思っております。

始めたばかりで未だ行き届かない部分がありますが、
オーナー様により安心して頂けるよう、随時柔軟に対応致します。
今後、面会が再開してもこの「LINE面会」は継続していく予定です。


※対応時間に関して、ご希望の時間帯をお伺いしますが、
診察や検査・手術の兼ね合いで、ご希望に添えない場合がございます。
ご理解頂けますよう宜しくお願い致します


入院時にLINEの登録方法、注意事項など、スタッフよりお伝え致します

入院担当 : 北岡 ・ 真栄田 ・ 黒川 

投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
院内セミナー                                                  2021.1.26
 先日、スタッフ全員参加で院内セミナーを開催しました

木曜日の午前中は、カンファレンスや会議を行い
休診をしていることが多いVRセンター
その時間を利用してセミナーを行いました。


ウェブセミナーが一般的となった為
全員集合してのセミナースタイルではなく
院内では3ヶ所、会議室・処置室・医局 のモニターでながし
院内にいないスタッフも自宅などから参加しており
ウェブセミナーの利便性を感じました


               院内会議室


               院内処置室

今回行ったセミナーは「ハラスメントセミナー」
特定社会保険労務士の先生に行っていただきました。

『ハラスメント』よく聞く言葉ですが
ハラスメントにもいろいろあり

⚫パワー・ハラスメント
⚫セクシャル・ハラスメント
⚫妊娠・出産・育児休業・介護休業等に関するハラスメント
⚫ハラスメントが起きてしまったときの対応

4項目についてお話をしていただきました。

VRセンターは40名を超えるスタッフで診療を行っており
動物病院としては大所帯です

みんなが、ストレスなく安心して勤務できる環境作りの一手となるよう
スタッフ全員参加でハラスメントについて学び
情報を共有する時間となりました。

投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
新規導入機器紹介:MRI 輸液ポンプ                                  2021.1.16

今回は総合診療科の澤木先生が、新しく導入した機器を紹介します

∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵‥∴‥∴‥∵‥∴‥∵

新しく導入した機器は、
MRI室の輸液ポンプになります。


  こちらは、当センターのMRI室の写真です
MRI室では非常に強い「磁場」が発生する為、注意書きの通り
「磁性体
(金属製品など磁器を帯びるもの)」の持ち込みは厳禁です


           実際のMRI室の室内写真になります

MRI室には専用の
麻酔器 生体モニター輸液ポンプ があります。

今回は  に注目して、お話したいと思います。

MRI検査は、ほとんどの患者様は麻酔を掛けて検査対応していますが、
人間と同じ様に、ワンちゃんネコちゃんも高齢化によって、
循環器疾患などの基礎疾患を持っている患者様も、決して少なくありません。
循環器疾患などをお持ちの患者様の場合、より注意深く血圧や心拍数などを
管理する必要があり、その様な患者様の麻酔管理では、循環器のお薬を
併用するのが一般的です。

・・・しかしながら、病院で使用されている輸液ポンプでは「磁性体」に該当してしまい、
MRI室に持ち込んで使用する事が出来ません。
では、どうやって検査で患者様の循環管理をしているのでしょうか

 こちらは、当センターがMRI室で実際に使用している輸液ポンプです

当センターでは「MRI室に持ち込み可能な」特殊な輸液ポンプを使用しています。
写真を見て頂くと、上の部分に「A」「Bと書いてあります。
この点滴器は、ABで異なる種類の点滴やお薬が同時に使用できる様に
なっているのです。患者様によっては、点滴の量を調整しつつ、
血圧や心拍数を調節するお薬を一緒に使ったりする事で、
患者様ごとに合った調整がしっかり出来る様になっているのです。

当センターでは、MRI室専用の麻酔器による適切な換気、
MRI室対応モニターによる状態の把握、MRI専用の輸液ポンプによる
患者様にあった輸液管理、これらを最大限に用いる事で、より安全性の高く、
患者様に負担の少ない
MRI検査を目指して、日々検査を実施しています。

投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
2021年 新年のご挨拶                                            2021.1.7
明けましておめでとうございます

2021年がスタートして数日経ちましたね。
既に仕事始めをしている方、今年はゆっくりの仕事始めとなっている方
年末にやりきれなかった事に励んでいる方など・・・
いろいろな新年スタートとなっているかと思います。

VRセンターは1/4から通常診療を開始しております。
年末年始に少なくなっていた入院患者さんも増えてきて
徐々に活気を取り戻してきた院内です



      今年は年末年始のお忙しい時期に献血に協力していただいた
      スズカちゃんの写真でブログをスタートしました

      スズカちゃんのチャームポイントは、お耳が垂れたこの姿
      オーナー様おススメのベストショットが撮れました~

      日々、感染予防など気が休まらない世情ですが
      多くの動物たちの穏やかな姿にたくさん遭遇できるよう
      今年もスタッフ一同、診療に励んで参ります。
投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
年末のご挨拶                                                  2020.12.30
今年も残すところ数日となってきましたね。

今年はやはり新型コロナウィルス感染症のことを
日々考える一年となりましたね。

VRセンターも春から対策を行いつつ診療を続けてきました
飼い主様には、様々な制限にご協力いただき
ご不便をお掛けしたことも多々あったかと思います。

まだまだ収束の兆しは見えておりませんので
来年も引き続き、飼い主様とスタッフの感染予防を
徹底しながら診療を行ってまいります。


今年の年末年始はステイホームをされる方も多いのではないかと思います
動物たちとのんびりした時間をお過ごしてください



    よいお年をお迎えください
投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
         
7