ネオベッツVRセンター(MRI・CT完備)|大阪の動物病院
HOME>BLOG

BLOG

健康診断                                                  2019.8.13
 
 猛暑日が続いて、お散歩時間に困りますね
 そんな中
 7月下旬~8月初旬にかけては、当院スタッフの健康診断シーズンです
   
 UNDER30チームは一足お先に6月に終わっておりますが・・
 健康の事が気になり始めるOVER30は
 で、行われます。

 前日22時からの、絶食状態で
 当院に来院されるも、こんなにお腹が減っているのかなぁ??
 などと思いながら、向かいます。

 検査内容は、各個人で少し違いがありますが
 
 まずは尿検査、血液検査。
 いつもは、採血している側ですが・・・
 自分が採血されるのは苦手というスタッフもちらほら。
 私はじーっと見てしまいます
 
 
 続いて、子宮がん検診
 何回検査しても慣れませんが
 子宮頸がんを早期に見つけてもらった事もあります。
 がんばって受けましょう

 
 身長・体重。聴力・視力。
 腹囲測定心電図。
 眼底検査。
 エコーゼリーの温かさに心づかいを感じる乳腺エコーと、触診。
 OVER40になると、マンモグラフィーがプラスされます
 大事な検査なのはわかるんですが・・・少し我慢です
 
 
 胸部レントゲン撮影を経て
   賛否がわかれる胃部レントゲン バリウム造影検査
 発泡剤を飲んで・・・
 もう少し美味しくてもいいのではないか・・と、思いながらバリウムを飲みます。
 (美味しくすると、胃酸の分泌が活性化するのでダメなのだそうです)
 ゲップを出さないように気をつけながら、
 指示に従い横向き、寝返り・・・と、ゴロンゴロン

 内視鏡検査を受ける者もおりますが・・・
 こちらもこちらで、嚥下反応や鼻水との戦いがあるようです
 
 
 最後に、血液検査の結果などのお話があります。
 生活改善のご指導をいただいたり・・・
 やさしく注意されたり・・・
 お褒めの言葉をいただいたり・・・      
 日々の生活を考えるよい機会となります


 当センターでは、の健康診断は行っておりませんが
 かかりつけ病院での健康診断の際に、偶然見つかった疾患の検査に来院される患者様は
 いらっしゃいます。
 
 
 人もも、早期発見、早期治療
 定期的な検診は大切だなぁと、
 

 毎年思う受付、竹内でした。
投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
VNブログ 【家族動物のお話】                                         2019.8.4
今回のVNブログは、真栄田動物看護師から愛猫のお話です

* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * …

こんにちは
動物看護師の真栄田です。

今回は、我が家の猫が患った腎臓病についてお話します。

まず、愛猫の紹介をします。家には2匹の猫がいます
とても仲が良く四六時中寄り添っていて、その姿が愛しくてたまりません



 空(くう)ちゃん (左)2歳 去勢雄
 海(かい)ちゃん (右)2歳 去勢雄 

幼いころに保護した猫で、二人とも元気に育ってくれました。

この2匹のうちの空ちゃんが、2月の初めから、元気食欲の低下、
嘔吐が続いた為、VRセンターで検査を行うことに
しました

血液検査では、腎臓の数値が基準値をはるかに上回る高値でした。
すぐにエコー(超音波)検査をしてもらい、尿管に結石があることが判明しました。

結石による尿管の閉塞(つまり)により腎臓の数値が上がることによる、
急性腎不全との診断でした。
幸いなことに尿管の拡張は進行しなかったため、完全な閉塞ではありませんでした。

そもそも腎臓病とは

大きく慢性腎臓病急性腎臓病2種類に分けられます。

 慢性腎臓病
  その名の通り長い経過の中で腎臓の機能がゆっくり落ちていく病気

 急性腎臓病
  今回のように結石による急激な尿路の閉塞や、腎毒性のある食品や薬品を
  摂取することで急激に腎臓の機能が落ちてしまう病気

腎臓病で見られることがある症状は
  ◇ 元気消失
  ◇ 食欲不振
  ◇ 多飲多尿(水を飲む量が多くトイレにもよく行く)
  ◇ 嘔吐や下痢

    等があげられます。

空ちゃんは、
その日から1週間病院へ通い、皮下点滴とステロイドを服用し、
腎臓の数値をチェック
しました


ケージの中で恐ろしく怯えている二人です(海ちゃんは付き添いです

幸いなことに経過は良好で、治療開始から4日目で腎臓の数値は基準値内におさまり、
嘔吐も無くなり、食欲も出てきました。
5日目には結石が流れて尿管の拡張も改善しました。

そして、現在はつまりの再発も無く、ひとまずほっとしています





            エコー検査を頑張る空ちゃん


愛猫の病気を通して、ご来院される飼い主様が感じられている不安や悲しみを、
身を
もって感じました。
また、もっと早く気付けたのではないか、何か出来る事があったのでは、
と思う事も
ありました。

今回の経験を糧に、動物達の小さな異変も見逃さず、より良い看護が
提供できる動物
看護師を目指したいと感じました。

投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
献血 ご協力ありがとうございました                                    2019.7.31
7月も今日が最終日
夏・・・・・・・ 真っ盛りとなりましたね

毎日暑いですね。。。 熱中症にはご注意ください
ご来院時、キャリーの中は暑くなりますので
ヒエヒエを使ったり、涼しくしてご来院ください。

お車でお待ちいただく時も、お車の中を涼しくしてくださいね。
待合は涼しくしてお待ちしております


今月献血に協力してくれたワンちゃんたちです







暑い中ご協力いただきありがとうございました。
今後もご協力宜しくお願いします
投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
待合、少し雰囲気変わりました~                                       2019.7.22
7月も下旬になり、梅雨のすっきりしないお天気と
湿度の高い毎日が続いていますね

気分がどんよりしてしまいそうですが
気分リフレッシュ効果もあるかなと思い
休診時間を利用して、待合のイスの配置換えを行いました~

本来は、待合でオーナー様と患者さんが
心地よく過していただけることを目指しての配置換えですが・・・


今回のテーマは『通路を広く&待合から全てのオーナー様を把握する



現在の曲線のイスを取り入れて、早数年経ちますが
配置換えを考える度に、この曲線に悩まされます
動きがありすぎて、思っている形を組むのが至難の業

いつも『今回が一番いい感じだね~』と
受付スタッフで話しながら配置換えを行うのですが
数ヶ月経つと、改善点が発生してきます

今回のポイントは

 前回から好評の、窓を向いて座れるスペースはキープ
 狭かったスペース入口を、カートの方も入りやすいよう広くしました。
 更に、座席数を増やした為、ご家族連れの方も広々
 面会時もゆったりと過していただけると思います。


続いて、以外と好評のひとり掛けイスもキープ
隅っこに設置していること、2面に背もたれがある為、落ち着くようです


   今回、長イスの配置を大きく変更しました。
   たくさんの方に座って頂きやすい様、メインスペースに
   セッティングしました


更に、受付から待合全体が見渡せる
ここも重要視しました。
前回の配置は死角になるシートがあり、
駆使しながら、待合の状況を把握していました。
今回はひと目で確認ができる様になりました

長時間の検査や手術でお待ちのオーナー様が待合にいらっしゃるか
ご来院された患者様が、どちらにいらっしゃるか
受付スタッフが必ず把握して置きたいポイントも
クリアにしたイスの配置となりました

混み合う時間帯は、満席となることもありますが、
少しでも快適に過ごしていただける待合作りを心掛けています
投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
献血 ご協力ありがとうございました                                    2019.7.4
梅雨真っ只中で毎日すっきりしないお天気が続いていますね
今日の大阪は梅雨の晴れ間です

   先日献血に協力してくれたアンジュちゃんです


  お足元の悪い中ご協力頂きありがとうございました
  久しぶりにご来院いただき、お変わりなく元気な姿を
  見せてくれました。
 
  当センターホームページの 献血体験レポート コーナーの
  モデル犬を務めてくれているアンジュちゃんですす

  今後もご協力宜しくお願いします
投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
         
9