ネオベッツVRセンター(MRI・CT完備)|大阪の動物病院
HOME>BLOG

病気のおはなしブログ

病気のお話シリーズ vol.8 "犬の前十字靭帯断裂 パート2"                   2015.11.30
今月の病気のお話は、整形外科の戸次先生からです
前回7月に、犬の前十字靭帯断裂 パート1をお送りした続きのお話です。

~。。。。。~~。。。。。~~。。。。。~~。。。。。~

ネオベッツVRセンター整形外科の戸次です。
今回の“病気の話”は、『犬の前十字靭帯断裂 パート2』です。

パート2では、前十字靭帯疾患の診断をお話しします。
前回も視診や触診に関しては、簡単に触れましたが、
患者様がVRセンターに初めて来院され、どのような検査を行い
診断するのかを、実際の診察の流れで解説します。


まず大型犬であれば駐車場(雨の日は室内
  小型犬は診察室内歩様や姿勢を観察し、
  どの程度の症状かまた他の問題がないかどうかを確認します

次に触診ですが、まずは起立した状態で膝関節の腫れや
  大腿骨と脛骨の位置関係を優しく触ります

  そして、前十字靭帯が機能しているかどうかの徒手検査として
  脛骨圧迫試験や脛骨前方引き出し兆候の有無を確認します。
  この時に痛みを発現することも多いため、できるだけ1回で
  終わらせようとがんばりますが、性格が怖がりやナーバスな場合は
  緊張して膝関節の不安定性を検出しにくいので、リラックスできるよう
  オーナー様にも頭を撫でてもらったりして協力していただきます



  膝関節触診風景
  (左右の膝関節の腫れや脛骨前方突出を確認している)



  膝関節触診風景
  (立位での脛骨圧迫試験)



触診の次は、X線検査を行います。
  X線検査の目的は、関節の変形具合(骨関節症の観察)
  対側肢にも同様の問題が隠れていないかどうか
  腫瘍性疾患がないかどうかの確認を行うことです。
  前十字靭帯部分断裂の初期は、触診でもわからないことが多く
  X線検査で疑診することが重要となります。


  X線検査は、2~3人で動物を保定し、膝関節の正面方向と
  側方向からの2方向を左右後肢で撮影します。
  診断に用いるX線画像は、通常無麻酔で撮影します。
  ただし、手術計画を立案するX線画像は麻酔下で撮影した画像を用います。


  X線検査風景
  (うつ伏せで膝関節を撮影しているところ)


  
  
膝関節X線画像

この時点で、多くのケースにおいて前十字靭帯断裂
(部分断裂を含む)の診断が下されます。

これらの検査結果をふまえて、次のステップとなる
関節鏡検査及び前十字靭帯の治療方法、予後などの
説明をさせていただき、初診当日の診察が終了となります


次回パート3では、麻酔下検査として関節鏡検査や
CT検査を説明していこうと思います


投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
病気のお話シリーズ vol.7 "てんかんと脳の病気"                         2015.10.29
今回の病気のお話しシリーズは神経科の王寺先生から
てんかんと脳の病気』に関するお話しです

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

神経科で診察する機会の多い病気のひとつに“てんかん”があります。

てんかんとは発作が繰り返し起こる脳の病気です。
ヒトでは100人に1人くらいが発症するといわれ、
イヌでも多く遭遇します
ネコでは稀です

今回はこの“てんかん”について少し解説します。

まずてんかんの症状として現れるのが“てんかん発作”です。
一般的には意識が無くなり、泡を吹き(実際には多量のよだれ)、
全身が痙攣する発作(全般性発作と呼ばれる)が知られていますが、
手足が硬直し動かせない、顔や特定の部分の筋肉けいれん、
ハエを追うような行動異常など様々な意識がある状態で生じる発作
(部分発作と呼ばれる)
も多くあります。


      発作のイメージ 》
            

     全般性発作では脳細胞全体が興奮し               部分発作では脳細胞の一部が興奮し
     激しいけいれん発作が観察されます                局所的な不随意運動(制御できない運動)が
                                                                   観察されます。


この“てんかん発作”を繰り返し起こす病気が“てんかん”といわれ、
病気の特性から“特発性てんかん”“症候性てんかん”に分けられます。

特発性てんかん
“検査をしても脳に異常がないのに発作が起こる病気=原因不明のてんかん”で
一般的に2歳から5歳ぐらいの間に初めての発作が起こります。
発作の症状は全身性のけいれん発作から部分発作まで様々ですが、
この病気の特徴には
てんかん以外の症状が観察されない
発作時以外に神経障害が認められない   事が挙げられます。


特発性てんかんでの検査の目的は、脳に異常がない事を確認することで多くの場合、
MRI
と髄液検査が行われます。

MRI検査では、脳に見て分かる異常がないこと、
髄液検査では脳炎や髄膜炎が無いことが確認されます。


これらの検査で無事に異常がないことが確認された場合には、
治療としててんかんコントロールが行われます。
てんかんコントロールではてんかん自体が完治するものでは無いとの考えから、
投薬によって発作回数をうまく調節することが目標とされます。


動物では、ひと月に1度異常の発作がある場合には投薬の対象とされ、
多くの場合、生涯長期間の投薬が必要となります。

長期間の投薬については抵抗があるかと思いますが、発作が頻回で起こること自体が
脳には悪影響になりますので、適切な投薬が推奨されます。

症候性てんかん
脳に原因となる病気がある発作”です。
この原因は、水頭症に代表される形態・形成異常(奇形)から
脳炎・脳腫瘍・脳梗塞などあらゆる脳(特に大脳)の病気が対象となります。
その為、好発年齢も全ての年齢が対象となり特に
 発作以外の症状(ふらつきや旋回など)が観察される場合や
 平常時でも神経障害(麻痺など)が観察される場合には、
必ず原因疾患の診断が必要となります。
この場合も同様にMRIや髄液検査が行われますが、
その目的は“病気を見つける為の検査”となります。


検査により診断が得られた場合には、その疾患に合わせた治療
(投薬や手術など)が必要となります。


 脳腫瘍でも発作を起こすことが多くあります。

症候性てんかんの中にも発作以外の症状が無い症例もあり、
症状や身体検査での完全な見極めは困難です。


その他にも体の中の異常(肝疾患など)でも、
てんかんが起こる病気は多くあり、てんかんのような症状が
観察される場合には必ず、動物病院へ相談していただき、
検査・投薬の指示を仰ぐようにしてください。

  


また、てんかんの診断には症状の観察が重要です。
てんかんで動物病院を受診される場合には、
お手持ちの携帯・スマホでてんかん症状の動画を撮影し
受診いただくとよりスムーズな診察が行えると思います


投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
病気のお話シリーズ vol.6 "腫瘍の治療"                            2015.10.10
朝晩は、すっかり秋めいてきましたね。
肌寒い日も多くなってきましたので、お体にはお気をつけてください

今回の病気のお話しシリーズは
腫瘍科の田戸先生から『腫瘍の治療に関するお話し』をお送りします。

**********************************************

前回のブログでは腫瘍の検査についてお話ししましたが、
今回は治療についてです。


人間の医療と同じですが腫瘍の治療のメインは
外科治療
放射線治療
抗がん剤治療  です。

まず治療を始める上で決めなければならないのは、
目的をどこに設定するのかです。

腫瘍が問題になるのは・・・・・
原発巣による局所障害
随伴症候群(腫瘍の出す物質による症状)
転移による全身症状  の3つです。
したがって治療は局所への治療全身への治療を考えなければなりません。


外科治療放射線治療局所障害に対する治療で良性腫瘍の場合は
根治が望めます。
 

抗がん剤治療全身療法で全身に広がるリンパ腫や白血病、
または転移病変に対して行われますが、この治療で根治は期待できません。
リンパ節が腫れたり、癌細胞が増えることによる障害を和らげる事と、
生存期間の延長が目的になります。


手術、放射線、抗がん剤を組み合わせて、治療方法を設計しますが、
どの組み合わせがベストなのかは、その子によって変わります。

例えば・・・・・
 肺や心臓が悪くて麻酔のリスクが高い場合は
   手術や放射線治療は十分に考えなければなりません

 腎臓が悪くて食欲がないような場合は
   抗がん剤の副作用が強く出る事も予想されるので、注意が必要です。

その判断には治療のリスクとメリットだけでは無く、治療を行わない場合の
リスクも踏まえて考える必要があります。


その際に参考になるのは過去のデータですが、人間の医療ほどデータが
揃っていません
また、海外のデータの場合は品種の偏りも日本とは異なります。
人間では許されない安楽死もデータに含まれるため、純粋な意味での
生存期間の評価が難しくなります。

そういった様々な事やご家族の方の考え方なども、踏まえて治療方針は
相談しながら決めることになります。


ワンちゃん、ニャンちゃんは治療方法を決める事は出来ませんので、
最終決定はご家族にして頂かないといけません。

ネオベッツVRセンターで治療方法を提示する場合は、可能な限りデータを
示しながらお話ししますが、どうしても専門用語を使ってしまう事がありますので、
分かりにくい所があれば、遠慮なく聞いてください



投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
病気のお話シリーズ vol.5 "緑内障のお話"                            2015.8.31
3月からスタートした病気のお話シリーズ
眼科→腫瘍科→神経科→整形外科の順番で
お送りして参りました。ひと回りし、今月から
第2回目の眼科のお話しとなります

では、眼科の小山先生から『緑内障のお話』をお送りします

。。.。。。。。.。。。。。。。。
。。.。。。。。.。。。。。。。。

眼のお話の2回目です。今回は緑内障についてお話しようと思います。

前回の白内障とよく似た名前ですが、全く別の病気です。
ただ白内障と同じように、人でもよくみられる病気であり、聞き覚えのある方も
多いのではないでしょうか?

実は、犬は人と同じように緑内障がよく見られる動物なのです。違いとしては、
人の緑内障の場合は眼圧が正常でも緑内障が進行していく正常眼圧緑内障が
多いのに対し、犬の場合は眼圧が上昇していることが多く認められます。
上昇した眼圧のため、視神経の細胞が傷んだり、死んでしまったりします。
緑内障はだんだん視覚(視力)が低下していく病気で、最終的に失明してしまう
こともある怖い病気です。

白内障も見えにくくなりますが、前回お話したように手術すると視覚は回復します。
しかしながら緑内障の場合は治療を行っても、視覚が回復することは無く、
あくまでも進行を抑えることしかできません。
そのため緑内障の場合は早期発見、早期治療が大事なのです。


眼圧の上昇がおこると、眼の白濁や充血、痛みなどがみられます


視覚の低下より、眼の異常を訴えて病院に来られることがほとんどです。
ただし、眼の白濁や充血、痛みを起こす病気はたくさんあり、緑内障と
診断するには、眼圧測定や眼底検査が必要になります。
眼圧検査は眼圧計により行い、眼底検査は眼底鏡にて行います。


           
眼圧検査中


           
眼底検査中

眼底検査で、緑内障の眼はこのように見えます


また検査にて緑内障の原因を特定することも大事です。
眼圧は眼の中に存在する房水という液体によって左右されます。
通常は、虹彩の奥にある毛様体で産生された房水が瞳孔を通り、
前房に貯蔵され、隅角(角膜と虹彩の間)を通って眼外に出ていきます。

その出口が年齢や犬種による変化で詰まることにより、眼内に房水が
溜まり眼圧が上昇してきます(原発性緑内障)
他の眼の病気によっても房水が貯留し、眼圧が上昇することもあります(続発性緑内障)
柴犬、アメリカン・コッカー・スパニエル、シーズーなどでよく見られます


眼圧が高くなり視神経細胞が死んでしまうと失明してしまうため、可能な限り
早く眼圧を低下させる必要があります。主には点眼薬を使用しますが、
下がらない場合、手術を行うこともあります。
残念ながら緑内障は進行していく病気なので、一生涯治療が必要になります。
また治療をしていても失明し、失明した後でも眼圧上昇により、痛みや眼球の
拡大(牛眼といいます)がおこることもあります。


           左眼が緑内障で牛眼となった眼

ちなみに眼圧が上昇すると頭痛がすると言われています
完全に失明してしまった後には、痛みと治療からの解放のため、義眼手術を
行うことをお勧めしております。


                       左眼が義眼

緑内障は失明の原因になることが多く、また見えなくなるだけでなく痛みの
原因にもなるつらい病気です。
来院されるときには既に失明していることもよく見られます。
緑内障になりやすい犬種もいます。原発性緑内障の場合は、両方の眼に
発症することもあり、いかに早く見つけて、治療して、見える期間を延ばすかが
重要になります。
お家のわんちゃんの眼に異常が見られたら、お近くの動物病院にご相談ください


投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
病気のお話シリーズ vol.4 "犬の前十字靭帯断裂 パート1"                     2015.7.30

先月はお休みさせていただいていましたが
今月は、病気のお話シリーズ4回目をお送りします。

今回は、整形外科の戸次先生から
犬の前十字靭帯断裂 パート1』です

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
。。。。。。。

初めまして、ネオベッツVRセンターで整形外科を担当しております戸次です。

整形外科では、跛行の原因となる骨や関節疾患の診断・治療を行っています。
今回の“病気のお話”は、『犬の前十字靭帯断裂 パート1』について解説します。
前十字靭帯とは、膝関節内に存在する大腿骨と脛骨を繋ぐ紐状の構造物です。

  
   前十字靭帯断裂の模式図(右後肢)

膝関節の安定化にはなくてはならない構造物であり、
切れてしまうと犬は足を挙上したり、
      
       
 右前十字靭帯断裂
          (半月板損傷あり)

跛行を呈します。
超小型犬では、自然に症状が改善するケースもありますが、
一般的に手術が必要と考えられている疾患の一つです。


人ではスポーツをしている最中に切れてしまうことがありますが、
犬では日常生活を送っているだけで切れてしまいます。

明確な原因は、解明されておりませんが、姿勢、骨形態、ホルモン、
遺伝などの関連が疑われております。

前十字靭帯断裂は、超小型犬から大型犬まであらゆる犬種が
発症することが知られています。

当センターで過去にTPLOという手術を実施した犬285頭を調べると
大型犬では、
ラブラドール・レトリバー
ゴールデン・レトリバー
バーニーズ・マウンテン・ドック

中型犬では
柴犬
ウエルッシュ・コーギー
アメリカン・コッカー・スパニエル

トイ種では
トイ・プードル
チワワ
ヨークシャー・テリア
が、それぞれ上位3犬種でした。

年齢は、一般的には7歳前後が多いと言われておりますが、
1歳の時点で発症することも少なくありません。
あらゆる疾患に対して言えることだと思いますが、良好な予後を
得るためには、早期診断が重要と考えられます。

当センターでの診断までの流れは、初診時に歩様や姿勢を観察し、
次に触診

             膝関節触診風景
  (左右の膝関節の腫れや脛骨前方突出を確認している)

そしてX線検査を行います。
そこまでは、無麻酔検査として実施することが多く、次のステップでは、
麻酔下で関節鏡検査や実際に手術を行っていきます。  


診断や治療の詳細に関しては、またの機会に解説します

投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)