ネオベッツVRセンター(MRI・CT完備)|大阪の動物病院
HOME>BLOG

病気のおはなしブログ

病気のお話シリーズ vol.2 "がんになった動物の検査"                       2015.4.30
3月からスタートしたブログ新企画
月1回の予定で先生たちが病気についてブログを書いています

第2回目は腫瘍科の田戸先生で『がんになったの検査』です

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

どんな動物でも高齢になると、がんになる可能性が高くなります。
VRセンターにも毎日がんのが紹介されてきますが
どのように検査を行っているかを紹介します。


まず、行われるのは情報の収集です。
品種や年齢、過去の検査データ、体重、体温、心拍数、呼吸数の計測と
身体検査、そして症状があるのか、いつからあるのか?といった事を聞きます。

一般的に悪性の腫瘍は進行が早く、重度な傾向があるので、治療方法を
検討する上でも情報の収集は、非常に重要な点です。


その後、腫瘍があるのか?どこにあるのか?どのように周囲に
影響をおよぼしているか?を調べるために、画像検査に進みます。


当センターの画像診断装置はCT、MRI、内視鏡、そして
超音波検査装置がありそれぞれの利点を考えて、どの機器を選ぶか
判断しますが、腫瘍患者の場合はCT検査を選択する事がほとんどです。


なぜなら腫瘍は全身に転移している可能性がある為、治療方針を
決定する上では全身を調べる必要があるからです。

ネオベッツのCT検査は0.5㎜の幅で全身を高速でスキャンするために
64列CTを使用しています。

肺や腹部を細かく見るためには息を一瞬止める必要があります。
人間の場合はマイクで「ハイ息止めて!」と言えばいいのですが
動物の場合そうはいきません。麻酔をかける必要があります。
小型犬なら10秒以内で全身のスキャンが終わります。
短時間の麻酔ですが、リスクはあります。
そのリスクに見合ったメリットがあるのかを考え、説明の上検査に進みます。


     当センターのCT検査機器      
    CT検査直後に右側のエコーで腫瘍を
     見ながら生検をします。



     CTで見た肺転移の様子
    矢印で示した4箇所が肺腫瘍です。

CT検査で腫瘍の位置が分かったら、次はどのような腫瘍が
出来ているのかを調べるために生検というステップに入ります。


生検とは腫瘍の一部を取ってきて調べる事で、今後どのように
なるのか?と治療方法を決める為に必要な検査です。

ただし、出来ている場所でおおよその診断がつく場合もあり
腫瘍に針を刺すことでデメリットがある場合は、検査では無く
手術を選択する事もあります。
何がどこにあるのかを調べる事や手術が出来るのかを判断する事は
比較的簡単なのですが、手術するべきかの判断は体力などの
兼ね合いなどで非常に難しいです。
     


      CTガイド下での組織生検
    針(矢印で示している所)を
    臓器(白い部分)に刺しています



腫瘍に対する検査はほぼ終わりなのですが、本格的な腫瘍との
戦いはここから始まります。

治療方法は手術と抗がん剤と放射線治療が主体になります。
そちらに関しては別の機会に詳しく説明します。

投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
病気のお話シリーズ vol.1 "白内障について"                             2015.3.29
今回からスタートしたブログ新企画
月1回の予定で先生たちが病気について
ブログを書くことになりました

第1回目は、眼科の小山先生担当で『白内障のお話』です

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

皆さん、白内障は知っていますよね。そう、眼が白くなる病気です。
具体的には水晶体というレンズの役割をしている部分が白くなる
ことを言うのですが、



意外と分かっていただけていないことが多いと思います。
白くなると言っても、瞳の中が真っ白っていう状態から、
部分的(点々や線状など)に白くなるものまで様々です。


            進行した白内障


          初期の白内障

眼が白くなるのはかなり進んだ状態で、瞳の色が左右で違う、
などから気づかれる方もいらっしゃいます。
また白内障=お年寄りの病気、と思われている方も多いと
思いますが、わんちゃんの場合、以外と若い犬に多いのです。

老齢の犬にも白内障はありますが、老齢になって水晶体が
固くなる(核硬化症と言います)状態でも眼は白く見え、
それを白内障と思われている方もいらっしゃいます。
この状態は白内障ではなく、私たちで言うところの老眼なのです。

白内障になると白さの程度によって、見えにくくなります。
ボール遊びのボールが探せない、歩き方がゆっくりになる、
においを嗅ぎながら歩く、壁に当たたる・・・・などの症状が
出てきます。


     これは白内障ではありません
       核硬化症です

ただし進んだ白内障があっても、片眼の場合なら、そのような
症状はほとんど見られません。前述した核硬化症の場合でも、
見えなくなることはまれです。

白内障を放置すればどうなるのでしょうか?白内障だけでは、
痛いことはありません。たとえ見えにくくなったとしても、元気や
食欲は変らず、ましてや片眼の場合はいつもと同じように
暮らすことができるでしょう。
でもそのまま放置すると、そのうちのいくつかは白内障のために
別の眼の病気になることもあるのです。
      

進行しすぎて水晶体が解けてなくなってしまうこともあります。


白内障によって炎症がおきてしまった状態


      水晶体が解けた状態

そうならないためにも、おうちのわんちゃんの眼に異常を
感じたら、動物病院に相談してください。

白内障の治療には人と同じように白くなった水晶体を
取り除き、人工の水晶体を入れる手術
(水晶体乳化吸引術+人工レンズ挿入術)が行われます。


 手術後の人工レンズが入った状態

原則は同じでも、人と動物では全く一緒というわけにはいきません。
人では日帰り手術なども多く簡単な手術になってきていますが、
動物の場合は全身麻酔が必要であったり、患者さん(動物)の
代わりに飼い主さんが点眼を行ったり、安静を保ったりしなければ
なりません。
手術後は結構大変な管理が要求されます。

でも手術がうまく行けば、以前のような視覚を取り戻すことができます。
白内障手術をして、『以前のように見えるようになりました』と
よろこんでもらえると、獣医冥利につきます。
少しでも視覚が取り戻せるわんちゃんが増えますようにと
日々の仕事に取り組んでいます。

    

 

投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
     
4