ネオベッツVRセンター(MRI・CT完備)|大阪の動物病院
HOME>水頭症の手術

水頭症の手術

水頭症の手術

水頭症の手術 脳とそれに続く脊髄を併せて中枢神経といいますが、それらは頭蓋骨や椎骨の中に収まり、しっかりと保護されています。その骨の中に収まる様は、あたかも水を満たした丈夫な器に脳が浮かんでいるようなもので、その水のことを脳脊髄液と呼びます。

この脳脊髄液は常にフレッシュでなければなりませんので、新しい脳脊髄液がどんどん作られ、入り組んだ構造の脳の隙間を循環し脳の表面に出て最後は吸収されていくのです。この循環して行く順路の途中に隙間が拡がり部屋のようになった場所がいくつかあり、そこを脳室と呼んでいます。

水頭症とは、この脳脊髄液の通路がなんらかの理由で閉じてしまったり、吸収が悪くなったりして、脳室に脳脊髄液が大量にたまり、拡張した状態のことを指します。

水頭症では通常、脳圧が上昇し、運動失調や視覚障害、精神的鈍磨、ケイレンなどの神経症状を起こします。軽症の動物では、これらの症状が常に見られるのではなく、ストレスがかかった時や興奮時にだけ異常を示す場合もあります。
この病気はチワワのようにドーム状の頭を持ったトイ犬種によく見られ、その多くは先天性ですが、腫瘍、炎症などによる後天性の水頭症もあります。特にチワワでは頭頂部の大泉門といわれる部分が生まれてきた時に閉じていなことが多く、成長しても閉じないことがあります。
これを高脳圧の反映とする考え方がありますが、閉じないからといって必ずしも水頭症を発病するとは限りません。

診断にはCTもしくはMRIによる脳の断層撮影を行ないますが、脳炎や腫瘍などとの鑑別にはMRIが向いています。軽症の水頭症では内科的な治療もできますが、重症では脳脊髄液を腹腔などへ逃がすチューブを設置するシャント術を行ないます。
内科的、外科的いずれの治療であっても、予後については、必ずしも予測できるものではありませんので、担当獣医師と十分な話し合いが必要でしょう。

問い合わせ