ネオベッツVRセンター(MRI・CT完備)|大阪の動物病院
HOME>BLOG

BLOG

年始のご挨拶                                                  2022.1.6
2022年がスタートして数日が過ぎましたね

年末年始は寒いながらも、いいお天気だったので
初詣に行かれた方も多いのではないでしょうか。


年始出勤すると、患者様から猫・・・猫・・・猫で
いっぱいのカードが届いていました

      ほっこりとした気持ちで、仕事初めとなりました



   とてもかわいいカードだったので、我が家のネコにも見せて見ました~
   恐る恐る仲間感を感じているようでした なんとなく・・・
         


今年も1/4から本格始動しているVRセンター
整形外科は初日から早朝7時より6件の手術を行っていました。


その他の診療科も、予約が混みあってきておりますが
少しでも多くの患者様を早期に受け入れできるよう
予約調整に余念のない日々です
投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
年末のご挨拶                                                  2021.12.30
今年も残すところ2日となりましたね。

VRセンターの年内の診療は、本日が最終日となります。
診療は15時迄と少し短縮診療とさせていただき
スタッフみんなで大掃除を行い、新年の準備を行いました

今年も新型コロナウィルスの影響で、診察室への入室人数制限や
入院中の面会を控えていただき、お電話やLINEでご様子をお伝えする形を
とらせていただきました。
また、換気の為、真夏の待合は暑い日もありましたが
皆さまにご協力いただき、多くのの患者様にご来院いただきました


また、病院前工事に伴い駐車場が狭くなり、
コインパーキングをご利用いただくこともございました。
ご不便をお掛けしております。

                          新年スタート時の病院入口



                     年末にはこんな状況に変貌しました



隣接している大阪ペピイ動物看護専門学校さんの校舎建設が
着々と進み、来春には完成を迎えるようです


年始は1/2~縮小して診療をスタートします。
1/4~は通常通りの診療となります
投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
献血 ご協力ありがとうございました                                  2021.12.23
先日献血にご協力いただいたワンちゃんたちです

いつもご協力いただいているテスちゃんと玄希くん

 
               テスちゃん 
   


                 玄希くん 



今年もたくさんのドナーさんにご協力いただき
ありがとうございました
来年もご協力よろしくお願いします。


明日はクリスマスですね
VRセンターは、今年も新型コロナウィルスの影響で
忘年会は開催できず、スタッフ全員での集まりはできませんでした。

代わりにスタッフ全員、サプライズで社長から
クリスマスプレゼントをもらいました~



バームクーヘンとガトーショコラのケーキ
スイーツでスイートなクリスマスとなりそうです
投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
ももこちゃんからの贈り物                                         2021.12.6
先日、患者さま ももこちゃん のオーナー様から絵をいただきました

墨絵画家をされているももこちゃんのオーナー様
モノトーンの落ち着いた色調の中にもかわいらしさのある猫ちゃんの絵



下記サイトで様々な活動も見る事ができます

https://www.instagram.com>amchouland

https://www.ambomakoto.com/amchou-land/

                                  
                 待合の一角に飾っています



           実は裏にも・・・・イラストが入っています



この絵をきっかけに、ももこちゃんの話に花が咲きました。

担当していた福嶌動物看護師から当時の思い出話を聞きました

7年前、VRセンターで肺にできた腫瘍を取り除く手術を行ったももこちゃん
手術後、入院中は怖がりながらも頑張ってご飯を食べてくれました

手から食事を促すと、よく食べてくれるという甘えん坊な一面や
少し不満気な表情をしつつも撫でると、気持ち良さそうな
表情をしてくれていたのが印象的でした。
かわいい表情でスタッフみんなの心を癒してくれていました

今回作品を拝見し、ももこちゃんが亡くなった今でも
こうしてたくさんのももこちゃん作品があり
飼い主様の大きな愛情を感じました。

と同時に、来院される患者動物たちが、飼い主様にとってどれ程
大切な存在であり、我々は毎日その大切な命と向き合っていることを
再認識しました。

これからも病気を乗り越え、少しでも長く患者動物と飼い主様が幸せな
日々を過ごすことができるよう手助けができればと思っております
投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
VNブログ 【家族動物のお話】                                        2021.11.25
みなさん、はじめまして。

本年4月よりネオベッツVRセンターの一員となりました、
動物看護師の磯田です。

大阪と奈良の動物病院で10年余り一時診療に従事してきました。

さて本日は、今は亡き大好きな家族動物の紹介をします。

私は小さい頃から動物が好きで、高校生の時、
家族の一員として迎え入れたのが当時4歳の
フレンチブルドッグの エイト でした

      ペットショップで育ち、里親募集により我が家にきたエイト



おもちゃを怖がり、散歩も苦手で、排泄をしたら
一目散におうちへ帰るようなわんこでした。

いつもお気に入りの椅子に座り、一日中寝ていて
心配になることもしばしば

しかしエイトにも大好きな時間がありました。
それはごはんの時間

どんな時でも、ごはんを用意している音で
飛んで走ってくるエイトが大好きでした。



ペットショップで育ったエイトは、商品のフードを
盗み食いしてしまうこともあったそうで、
我が家でもくいしん坊が災いして、
食卓に並んであった4人分の秋刀魚を盗み食いし、
お腹を壊したことも、今では良い思い出です

私が動物看護師になって、3年目の秋
11歳の誕生日を迎えた1ヶ月後、
エイトは静かに虹の橋を渡って行きました。
脳腫瘍でした。

当時一人暮らしをしていた私にとって、
人生のパートナーであるエイトの旅立ちは、
こんなにも辛いものなんだと初めて知りました。

病気の影響で、最後には私のことを認識することも
できませんでしたが、共に笑顔で過ごせた時間は、
動物看護師としての「いまの私」につながっています

自身の経験から、動物のケアだけでなく、
病気と一緒に戦うご家族のケアも大切だと、
エイトから教わりました。

より多くの動物と、そのご家族の笑顔を守る動物看護師であり続けるため、
これからも頑張ってまいります
投稿者 株式会社ネオベッツ | PermaLink | コメント(0) | トラックバック(0)
1